7/8-バラのあと

2018/07/08(月)曇一時小雨 +16.3→+23.6

………………………………………………………………………………………………
うちの庭はバラが終わって、日陰に強い花の季節になりました。
小雨降る中撮ったので、ちょっと暗めな画像ですが、雨が似合うヤマアジサイから



この薄い青のガクアジサイは「エゾ青」です。
2018/11/23訂正
「土佐の涼風」と書きましたが(名前忘れで調べたら、よく似ていた)
2012年の日記を読み返していたら、「名前に惹かれて買った」と書いてありました。
なのに名前を忘れるなんて。。。^^;

この白のてまり型は「白扇」です。
■同じく2018/11/23訂正
「白舞子(しろまいこ)」と書きましたが、
2013年の日記に「去年買ったヤマアジサイの白扇」という記述あり

それにしてもほんの5年位前のことなのに、この記憶の欠落は、何たるコッチャです。
日頃、アジサイ好きと公言してる身としては情ないかぎり。


白舞子白扇の左隣の、薄紫の花は、たぶん「七段花(しちだんか)」
2018/11/23追記
これも、2013年の日記によると、七段花ではないかもしれません。
でも、ネット検索で七段花の写真を見るとよく似ているのですが、、

七段花
江戸時代に栽培されていた品種で、シーボルトの「日本植物誌」にも載っているようですが、
長いこと見つからず幻の花となっていたところ、1959年に神戸の六甲山で
自生しているのが発見されたそう。
バイオ技術のおかげで、今では園芸店で入手できるようになりました。

車庫の後ろの西側花壇では、アナベルが咲き始めてきました。
赤っぽい葉っぱは、ペルシカリヤ(レッドドラゴン)、
その後ろの細長い背の高い葉っぱはタカノハススキ。うれしいワサワサ。

柏葉アジサイも今年は早いです。もう花穂が上がってきました。

柏葉の足元では、キスゲ(ヘメロカリス)が咲き出しました。
長いこと、東側の塀際に追いやっていたのを、ここに移して3年、
今年は株も増えて、しっかりした茎が出てきてます。

これも西側花壇。手前の蕾が上がっているのは、カラマツソウ(タリクトラム)
後ろのホヤホヤした青い花は、去年球根を植えた小型のアガパンサス。
ねぎ坊主のような蕾も可愛いです。

こちらは、南側の小道のテラス側。ショウマ(アスチルベ)アストランティア・マヨール
キョウガノコ西洋オダマキツボサンゴ(ヒューケレラ)アケボノフウロなどが花盛り

これは、キョウガノコの花。
西日がちょこっと当たるだけの日陰地(アルケミラモリスの後ろ)でやや20年。
去年、救済して鉢にしていましたが、最近、テラス下と「土佐の涼風」の隣に
一株ずつ植えたら、早速しっかりした花を咲かせてくれました。
華やかな色ですが、ふんわりした和の風情で、日陰地にちょっとあると素敵です。

小道の右側では、アルケミラ・モリスの花が今盛り

ジュンベリーの実も食べごろになってきました。

小道の突き当りでは、梅花ウツギの「ベルエトワール」が咲いてきました。
場所を変えて3年目、弱っているからか、今年はアブラムシがたくさんついて
葉っぱの展開が遅れて、花も小さく少ないですが、なんとか持ち直したよう。

エンジの目と良い香りが特徴の花ですが、雨が多かったせいか、まだほとんど香りません。

花が喜ぶくらいの雨なら良いんですけどね。
そろそろスカッと晴れてほしいなぁ。