6/17-バラ始まり

2018/06/17(日) 晴れ +10.3→+16.6
………………………………………………………………………………………………

バラが始まりました。


コーネリアちゃん。背丈は低いですがたわわです。



マダム・ピエール・オジェも今年は、たっぷり咲いてます。
オールドローズですが、この時期が終わっても、秋までポツポツ咲いてくれます。
写真が多いので、ここから下は折りたたみます。 続きを読む

6/9-バラの前

2018/06/09(土) 曇り +11.0→+14.3

………………………………………………………………………………………………
今週はじめから、札幌も気温が高い日が続いていたので、
市内平均より遅めのうちの庭にも色が溢れて来ました。
昨日は土砂降りだったので、うなだれている花もちらほらですが、
植物も地面も、久しぶりの雨を喜んでいるよう。(水やり休める人間も喜んでます)
今日は曇ってて風もあったので、写真はいまいちですが、今の緑を。


ダッチ」という芍薬です。開き始めたところ。
開花すると直径15センチほどにもなる大輪で、石鹸系の良い香りがします。

丁字草
隣のオリエンタルポピーが大株になったせいか、背丈が伸びてませんが花はいっぱい

これが、3年目にして一気に大きくなったオリエンタルポピーの’ロイヤルウエディング’
去年は3輪しか咲きませんでしたが、今年は蕾がいっぱいついてます。

■写真が多いのでここから下は折りたたみます。 続きを読む

5/23-今日の花

5/23(水) 曇り +12.5→+22.3
………………………………………………………………………………………………

この2週間ほど、庭の写真を撮れないでいる間に
春の球根草が終わりかけ、小花がどんどん咲き始めました。
北国はこれから2ヶ月ほどで、2ヶ月早く始まった本州に追いつくので、
芽吹きから開花までが早く、うっかりしていると、撮りそこねてしまいます。

まだ咲いているチューリップ

名前は’ウエディングギフト’でした。
ウィリアム王子とキャサリン妃の婚礼を記念して名付けられたそう。
八重咲きの大輪でちょっと芍薬似(草丈40~50センチ)DL(八重晩咲き)

向こうの白い小花は、↓この「アネモネ・シルベストリス


これも去年の秋に植えた新入りチューリップ’ラ・ペルエポック’
草丈:35~45センチ 八重 DE(八重早咲き)
2色咲きのように見えますが、袋は「渋めのアプリコット」になってました。

これも新入り2色咲きチューリップ。スプリング・グリーン
草丈40~50センチ すっきりした白とグリーン V(ビリティフローラ)
背景の青い花は↓忘れな草です。

まだ真っ盛り


■写真が多いので、ここから下は折りたたみます。
続きを読む

5/7-庭仕事始まり

5/7(月)晴れ +8.5→+14.0
………………………………………………………………………………………………
やっと気力体力もお天気も回復してきたので、本格春の庭仕事に突入。
まずは、去年から計画していた、地植えクレマチスの移動しました。
20センチほど伸びてきたところで、つるが出る前、待ったなしのタイミング。

ジェネラスガーデナーとアーチを共有する「アルバクラジュリアンス」は、
車庫の壁に誘引すべく、大鉢に上げました。
コーネリアと同じアーチだった「ハンナ」は、東北の隅、花壇に移動。
塀に這わせる予定。

どちらも3mほど伸びて、たくさん花をつけるので、バラと一緒のアーチでは、
地面も地上も窮屈そうだし、せっかくの美しい花が目立たなくてかわいそうでした。

移植を嫌うクレマチスの移動は、勇気がいりますが、念力とメネデールかけたので
たぶん大丈夫でしょう。新しい場所で、元気に咲き誇ってくれますように。
■写真が多いので、ここから下は、折りたたみます。
続きを読む