■Diary-2006年

その日あったこと、考えたこと、更新情報など、何でも記録のページです。
画像をクリックすると大きな画像で見ることができます。


[HOME] [当年日記] [ワード検索] [管理用] [05年] [07年]
良いお年を! / お正月用のリース / 藍の絵付けのC&S / 母の初クッキー / 工作日和 / イタハズ / 思えば遠くに来たもんだ / 10日間何やっていたんだっけか(笑) / 救済 / 収束 / something new / 自殺という選択 / りんご / コチュジャン / 敬語 / やっと紅葉 / アヤシイ警告 / 小さな胸 / 長沼へ / 短気は損気 / 更新報告と本日のおやつ
 新着の期間  [全ページの表示]  [目次OFF]  [新着一覧

良いお年を!2006/12/31(日) 晴れ-4.1→+0.1


2006年も今日で終わり。
新しい出会いがあったり、別れがあったり。今年もいろいろありました。

年末近くなって、青島幸男、岸田今日子、ジェームス・ブラウン、フォード元大統領
などの訃報が入り、そして昨日、ついにサダム・フセインの処刑も行われたとか。
ひとつの時代が終わった感を強くした年末でした。

また、来年もきっといろいろあるでしょう。
いろいろあるから辛くもあり、面倒でもあり、面白いわけで。
来年もそんないろいろと、いろいろ手探りしながら付き合っていきましょう。
失敗を楽しみながら。

今年もお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いします。



お正月用のリース2006/12/30(土) 雪/曇り -5.6→-0.9

215_1.jpg  : 4 KB
お正月花用に買ってきた若松ですが、一緒に入れたカサブランカが
けっこうボリュウムがあったので、抜いた分でリースを作ってみました。
根元についている松かさは、クリスマスの残り。
ぶら下がっている金銀の松かさとミズヒキは買ったものです。
松もミズヒキももうちょっとあってもよかったかな。
重ね部分を、針金入りのテープで止めただけなので壁にかけると
重みでちょっと楕円形になりました。なのでテーブルに置いて撮影。

後ろに針金か何か骨をつけて補強したほうがいいかもと思いつつ、
と思いつつ、今日はこれで終了。

ユーミンを観ながら、作りました。
何もしないでじっとテレビを観ていられない貧乏性(笑)。



藍の絵付けのC&S2006/12/26(火) 晴れ-4.6→+6.8

214_1.jpg  : 27 KB
■本日の収穫:藍の絵付けのC&S
ディスカウントのお店で見つけて買いました。
チェコのもののようですが、余白を活かした絵付けが
美しく、ブルーオニオンでも使われている
竹と芍薬の柄の他に野草のような模様があって、
それがとてもエキゾチックな印象。
人気があるのか品薄なのか、初めて見つけた時は2客しかなくて、追加を頼んでいました。
カップのサイズは径8×高6.5cmと小ぶりですが、上に広がっている形なので飲みやすく、
取っ手も幅があって持ちやすいです。
ソーサーは深さがあってツルンとしているので単品でも使えます。
ソーサーサイズ径10×高2.5cm
しかも3割引で買えたので、2客ワンセットで3,675円でした。

ブルーオニオンといえば、ドイツのマイセンが有名ですが、この絵柄は昔からある
パターンのようで、何でも、マイセンが「ブルーオニオン」の商標登録をしたので、
それ以降作った会社は「ブルーオニオン」という名前をつけることは出来ないけれど、
登録以前から作っていた所は、今でもブルーオニオンという名前を使って良いそうで、
そのような会社が世界中に50社近くあるとか。

たしかにマイセンのブルーオニオンもいいけれど、いかんせん高すぎ。
ティーカップ&ソーサー1客が2万円くらい?そんなの気楽には使えない。
それとあのデザインは持ち手が華奢すぎて、カップとの間に隙間が少なく、
指を入れてグリップすると指の背がカップに触れて熱い(私の指がごついのか?)
ああいう形は、つまむように持って小指立てて飲むものなのかな?(笑)

214_2.jpg  : 23 KB *DESIGN PELCLで検索してみたら、ここが出てきました。(ちょっと重いページです)
もしかしたらカールスバートのブルーオニオンかな?
どっちにしても6客揃えても、マイセン1客分の半額以下。
日本のブルーダニューブより安いというのが愉快です。




追記:07/01/07
チェコ・ドゥビの窯「ボヘミア・コバルト」イジー・ベルツェル製と判明。



母の初クッキー2006/12/22(金) 晴れ→曇り +0.5→+5.0

213_1.jpg  : 41 KB
■本日の収穫:母の初クッキー

昨日は父の命日だったので、それで作ってみたのかと思ったら、そうではなく、
ただの食い気だったらしいですけど(笑)。
76歳で初挑戦。
本を見てやってみようかって気になるところが
我が母ながらエライ。

砕いたピーナッツとココアを入れたそうです。
食べてみたら、ちょっとマコロンぽくてどこか懐かしい味。
ちょっとこそばゆく食べました。

そう仲の良い親子じゃなかった私と母。
「最後の何年かくらい、悔いが残らないようにしたら?」との夫の言葉で
隣に越してくることを提案できました。
物理的な距離と時間は、思った以上に人の心を近づけたり遠ざけたりすること、
今更に実感しています。

帰って来て、「お、クッキー作ったの?」と食べようとした夫に
おかあちゃんの初クッキーだよというと、へ〜と、恐る恐るひとかけらを口に入れ、
「あ、普通においしいよ」と、安心したように残りを食べました(笑)。



工作日和2006/12/20(水) 晴れ-2.7→+3.0

210_1.jpg  : 55 KB クリスマスの飾りつけでもしようかと
箱を出してみたけど、たいした飾りもなく。
いつのまにやら松ぼっくりがたまっていたので、
前に作ったのを思い出して作ってみました。
今度はリースにしようかと思ったけれど、色々くっつけて
いるうちに、壁にかけるにはちょっと重くなってしまい。
手持ちの赤いローソクをはめてみたらぴったり。
結局、テーブル飾りになりました。
でも回りが可燃物なので、実際には火はつけられないですね。ローソクがもったいないし(笑)
210_2.jpg  : 15 KB 210_3.jpg  : 41 KB
松ぼっくりがちょっと余ったので、金色のラッカーを塗ってキャンドル飾りを作ってみました。
使ったローソクはそのままでも自立する形
その根元にワイヤーをつけた松ぼっくりを連結してぐるりと巻いただけ。
これももったいなくて燃やせず、もう10年越しに持っています。
ローソク好きなんですが、そういうわけで買ってもほとんど使わずじまい、コレクション状態です。




211_1.jpg  : 55 KB 使わなかった台と、ずっと壁にかかっていた枝物
(名前忘れ)を使ってこんなのも作ってみました。
全体にさっと金色のラッカーを塗っています。
いろいろくっつけようかと思ったけれど、
適当な材料もなく。くっつけ作業も飽きたし(笑)。
中心部に、水を張ったガラスの器を置いて
フローティングキャンドルを灯してもいいかも。




212_1.jpg  : 33 KB
これは数年前に作った、クリスマスツリー(のつもり(^^ゞ)
円錐形の金属の台につるを絡ませて、シルバーのラッカーを塗って
ドライの花やら葉っぱをくっつけてあります。
作った当時は、家に合わない感じがしてしまいこんでいたけど
今年は飾ってみようかなという気持ちになっています。
年によって目って変わりますね。

212_2.jpg  : 30 KB
これはたぶん10年以上前に作ったリース。
飾り物を変えてお正月も使っていましたが、
ちょっと飽きたので、母宅に行きになりました。



イタハズ2006/12/11(月) 曇り-5.7→+0.7


HAMIX、infoseekのアクセスランキングとやらで、11/21〜11/27の週、
グルメ料理部門の5位になっとりました。その前の週は4位だったらしい。
逆アクセスで知り、びっくり。
これ位でこんな上位なってしまうことにも、こういう部門に登録していたことにも(汗)。

実は登録をしたのも忘れていて(たぶん、infoのアクセス解析を借りた時に書いたと思われ)、
こういうランキングがあったのも初めて知った次第。
この部門、TOP10は、ここ以外は業者のサイトのようで、個人サイトはここのみ。
お犬様騒動のおかげか?(笑)

しかし、他に適当なのがなかったとはいえ、大胆にもなぜにこの部門に登録したのかなぁ。(^^;
以後、ランキングが気になりそうなのが、気になる(笑)。



思えば遠くに来たもんだ2006/12/09(土) 曇り-5.2℃→-1.2℃

208_1.jpg  : 39 KB ■本日の収穫:質素の美しさを思い出す本2冊
「こういう暮らし方はもうできないけど、見るのは楽しいよね。」と言って夫が買って来てくれた本です。
たしかに。
私達が育った昭和30年〜40年代。
簡素で気取りのない暮らしがありました。
身の丈にあった無理のない生活。
6〜7割満たされれば、それでもう充分という、ちょっと不自由だけど地に足がついた生活。
お気に入りを手に入れて、大事に大事に使っていた、そんな時代を思い出す本です。

208_2.jpg  : 27 KB 私達が結婚した30年前もそういう感じでした。
古い家を借りて、実家の納戸にあった古い食器棚に青いペンキを塗って、
ひまわり模様の壁紙を貼って、青い布張りの椅子にブラインドは辛子色。
本人たちは南仏風を気取って満足していたけど、
口の悪い友達に難民ハウスのようだと言われたっけ(笑)。

今は、お風呂もすぐ入れるし、暖房もタイマーやサーモスタットで快適。
ちょっと不自由で、節約や工夫がいる生活の楽しさを忘れていたような。

おとさん、良い本を見つけてきてくれて、ありがとう!

#反省して冷蔵庫掃除しました(笑)。





[直接移動] [先頭] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]
投稿画像の表示サイズを変更できます
管理者用

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto -
- i-mode改 - - resize.pl -
- Tomo_20071123-tomo : Edit by tomokun - - 携帯対応 -