■Diary-2010年

その日あったこと、考えたこと、更新情報など、何でも記録のページです。
画像をクリックすると大きな画像で見ることができます。


[HOME] [当年日記] [ワード検索] [管理用] [01年] [02年] [03年] [04年] [05年] [06年] [07年] [08年] [09年] [11年]
1.良いお年を! メリークリスマス! 更新報告 12/15-焦げ茶紬と鹿子井シカ フルーティ甘酒
2.5分でもいいから毎日やろう ドライフラワーのリース LEGENDコンサート@札幌ドーム展望室 旭川あれこれ 80万カウントありがとうございます。
3.お互い様 個人メールにご注意 デジタルチューナー 流出事件 地デジテレビ
4.更新報告 京都2日目・その5−清水寺へ 京都2日目その4−無鄰菴へ 京都2日目その3−南禅寺へ 京都2日目その2−安楽寺
5.京都2日目その1−銀閣寺 関西へー1日目 きものの集い かぼちゃ団子 数字に励まされる−2
6.数字に励まされる 10/6-秦荘と紺八寸 台所の化学・・BPの裏を読む スパイスケーキ ナショナリズム
7.ビタントニオでピッツェル作り LEGENDとくるるの杜 イクラの醤油漬け 進歩 紺縮みとコプト九寸
8.楽詩帯 セミドライトマト作り モーブ紋紗と羅の帯 野菜室再び 徹夜
9.野菜室整理 残念! フォト日記引越し 父の着物 黒白縮と羅の八寸
10.参院選 札幌歌舞伎 アニバーサリー・コンサート ランチダイニング葉菜 花図鑑追加
11.単衣タッサーと白相楽刺繍帯 カメラストラップ 早寝早起き 玉様写真集とku:nel おつかれさま
12.勘違い? 食べるラー油 青緑結城と纐纈 伊勢木綿とイカット 更新報告
13.宮崎を支援しよう 六花亭のランチ 今更ですが、E-P1にした理由 更新報告 三笠山
14.冬の始末 ウォシュレット フォト日記新設 E-P1来る GF1vsオリンパスペン
15.マイクロフォーサーズという選択 鋳物ご飯鍋再び グレア防止シート デジ一熱 ひざ
16.本日の組み合わせ 本日の組み合わせ マウス TOP変更 思えば遠くに来たもんだ
17.羽織紐 昔の車 XPから7へ・その4-ブラウザ XPから7へ・その3-バージョンアップ XPから7へ・その2-HPビルダー
18.XPから7へ・その1 色掛け エゾ山わさびとエゾ醤油 WX-1 ステップカラー
19.おでこ 掃除機 柚子コショウ再び 老年時代への準備 01/09-東京2日目(歌舞伎)
20.浅川マキ 01/08-東京1日目(夜景ツアー) 言葉 衝突安全性能 新年
 新着の期間  [3ページまでの表示]  [目次OFF]  [新着一覧
参院選2010/07/12(月) 雨 +18.5→+20.7 No.67


案の定というか、やっぱりというか、民主党が減少しましたね。
自民党も「微増」に過ぎないのだけれど、完全勝利のように明るい顔。
みんなの党の渡辺代表の「アジェンダ」連発も耳に残った選挙でした。
(政策という意味なんですね。初めて知りました/笑。)

民主党政権のふらつきは、過去の自民党政権の尻拭いでもあるのだけど、
・・・普天間にしても、財政赤字にしても、官僚主導の政治構造も・・・
それを、民主党のぶれ、もたつきにすり替えたのは、野党になった自民党とマスコミ。

すぐ忘れるのが日本人の特徴ではあるけれど、自民党が50年行ってきたことを棚にあげて、
野党として攻撃に徹したことによる作戦勝ちかな。

根本的部分で方向転換をするには、中長期の視点が必要なんですけどね。
新しい道具を使いこなせなかったり、期待はずれだったりすると、前の道具がよかったように
思ってしまうのは、人の常。
すべて新しいものにすると、落ち着かず、ちょっと戻ってバランスを取る。
そういうことだったのかな。

いずれにしても、もたつきつつも前に進み、古いものを脱ぎ捨てて行ってほしいものです。
国民が政権(国)を信じられるようになれば、税金も年金も喜んで払うのだから。

カテゴリ:雑感



札幌歌舞伎2010/07/04(日) 晴れ一時通り雨 +21.4→9+29.1 No.66


今日は年に1度の(今年はもう1度ありますが)札幌に歌舞伎が来る日。
毎年、この時期に来るらしいのですが、私が歌舞伎に目覚めたのは、
去年の5月にシネマ歌舞伎を見たのが始まりなので、これまでは縁がなく。

切符の売り出しに気づくのが遅くて、発売3日目に駆け込み、
一番良いところで、前から14番目。
幸四郎だし、夜の部で勧進帳じゃないほうだし、1万円もするし、と迷ったけれど
地元で生の歌舞伎を見られるせっかくのチャンスなのだからと、買いました。

で、3ヶ月間、楽しみに楽しみにしていたのに、開演を6時と勘違い。
おとさん、ゴルフに行っちゃいました。
早朝スタートだから、昼ちょっとすぎには戻ってくるはずが、
帰ってきたのが3時ちょっとすぎ。それからシャワーを浴びて着替えして
私は、行く前にご飯を食べて行こうと支度中。
チケットを忘れないようにと、バッグに入れかけてふと見ると、なんと!
4時開演ではありませんか!
時計を見ると3時20分。わー、もうあと40分しかない!
それでも、そこは主婦。
作りかけのもの全部冷蔵庫に入れて、はなを隣に預けて、戸締りしました
急いで着替えして、車に飛び乗りまっしぐら。

遅れたら、幕間まで中に入れないし、1万円もしたのに1幕目見られないなんて勿体無い。
ゴルフなんかに行ったあなたが悪い。
お前が6時と言うからだろうと、車の中は険悪な空気(笑)。
飛ばして!飛ばして!信号なんか無視しちゃって!とムチャクチャなことを言う私。
意に介さず、わざとのように、ゆっくり走り黄色信号では突っ込まずしっかり止まる夫。
それでも、日曜日で道路がすいていたので、着いたら10分前。
よかったよかったと、お弁当買って、イヤホン借りて席についたら5分前。

66_1.jpg  : 70 KB
会場は、教育文化会館の大ホール
1階はほぼ満席。
私の前は空席で、夫の前は座高一氏。お気の毒。
66_2.jpg  : 104 KB
左手前のほうに見える木の箱で囲ったところが鳥屋で
そこから舞台までの3〜4mが花道代わり。
ちょっと味気ないですが、ないよりマシか。
さて、肝心の舞台ですが、一言で言うと、短かった。
1幕目は、中村松江の「雨の五郎」踊りで15分ほど
2幕目、仮名手本忠臣蔵、祇園一力茶屋の場。
幸四郎さん、30分も舞台にいたでしょうか。
たしかに、ちょっと華はあったけど、演技に力もメリハリもないし、がっかり。
お昼の部の勧進帳で力を使い果たしたのでしょうか。
で、3幕目は、又踊りで、近江のお兼(市川高麗蔵)
終わったのが6時15分。休憩も入れて2時間と15分。

ああ、これなら、役者さんたち日帰りで帰れるものね。
幸四郎さん、2幕目終わったらすぐ出たかもね。
お弁当もいらなかったね。
今考えたら、一月の新橋演舞場、あの演目と役者で桟敷の1万4千円は安かったよね。
4時間近く楽しめたしね。
大向こうがいないのは物足りないね。
でも、歌舞伎に拍手はおかしいよね(要所要所で拍手する人が多かった)。
などと言いつつ帰って来ました。

本日の教訓
思い込みには気をつけよう。
歌舞伎は、演目と役者で選ぼうね。
地方公演を3回見るなら、ちゃんと花道があるところで1回にすべし。

といいつつ、11月の札幌歌舞伎第二弾も見に行くつもりですけど。(^^ゞ
こっちは、坂東光五郎と尾上松緑。特等席で9,000円ですし、
新しくなった市民ホールでなので、花道があるかも。

カテゴリ:外出



アニバーサリー・コンサート2010/07/02(金) 晴れ +21.0→+28.5 No.65

65_1.jpg  : 47 KBView Exif 65_1.jpg
昨日7月1日は、「三岸好太郎美術館」の開館記念日とかで、
無料開放&ピアノコンサートに誘われて行ってきました。
コンサートについては予備知識なく行ったのですが、
演奏者は、坂田朋優さんという、芸大出身の31歳の方。
ポーランドで研鑽を積まれ、ショパンの作品の演奏では、
定評がある気鋭のピアニストのようです。
プログラムは、
・セヴラック:シューマンへの祈り
・シューマン:夕べに(幻想小曲集より)、ロマンス、献呈(シューマン=リスト)
・三善晃 
「海の日記帳」より
 シシリー島の小さな貝殻、笛吹き奴のかくれんぼ、手折られた潮騒、波のアラベスク
・ショパン
 幻想即興曲、別れの曲、革命、ポロネーズ、スケルツォ

全ての曲を暗譜で弾かれて、品がよく素晴らしい演奏でした。
ショパンはもちろんでしたが、初めて聞いた三善晃の曲は、語るような美しい響きで
印象に残りました。

早くついたので、前から2番目で、演奏者の手元を間近に見ながら聴くことが出来、
まるで、プライベートコンサートのようで、幸せなひと時でした。

美術館では、ちょうど、6月18日〜9月5日まで、「ユーモラス・三岸」と題して、
「檸檬持てる少女」「犬のいる風景」「オーケストラ」「飛ぶ蝶」など
代表作60点が展示されていて、作品鑑賞も大いに楽しめました。

65_2.jpg  : 103 KBView Exif 65_2.jpg
ここは、知事公館の敷地にあって、緑が多いところです。
蒸し暑かったので、奥までの散歩はあきらめましたが、
雨の後で、緑がきれいでした。
65_3.jpg  : 109 KBView Exif 65_3.jpg 65_4.jpg  : 92 KBView Exif 65_4.jpg

*三岸好太郎美術館
1967年43年前、三岸家から、好太郎の遺作220点が寄贈されたのをきっかけに、
まず、道立美術館ができ、そこに「三岸好太郎記念室」という形でスタートしたのが始まり。
その10年後の33年前に独立館となり、27年前に好太郎の夢見たアトリエのイメージを生かした
現在の建物が出来たそうです。

カテゴリ:外出



ランチダイニング葉菜2010/06/25(金) 晴れ +15.7→+29.2 No.64


17日に行ってきた葉菜さんです。
オーナーは前にちょっとここで書いたことがある、4年前に縁があった方。
お手紙と一緒に、お食事券を送ってくださったので、お言葉に甘えて行って来ました。

64_1.jpg  : 123 KB
場所は北野緑地の隣に建つ素敵なお宅。
ご自宅の居間を使って、週に4日だけ営業しているそうです。
玄関の横を通って、庭を回りテラスドアから入るようになっています。
64_3.jpg  : 120 KB 64_4.jpg  : 117 KB
64_6.jpg  : 160 KB 64_7.jpg  : 164 KB
64_8.jpg  : 156 KB 64_9.jpg  : 157 KB

64_2.jpg  : 183 KB
お庭に入ってすぐ目を惹いたのはしゃくなげ。
2株ありましたが、どちらも2m近い高さで、
こんもりと茂って満開でした。
ちょうど雨の後で、ちょっとうなだれていましたが、
しゃくなげってこんなに素敵な花だったんだと再認識。
64_5.jpg  : 180 KB
庭の奥がこの緑地に接しています。
借景を取り込んで、緑が多くうらやましいような環境です。
その分、雑草の種も入ってくるでしょうし、落ち葉もあって、
お店の合間にお庭の手入れは大変だと思うのですが、
芝生もきれいに保っていらしゃいました。
さて、肝心のランチですが、セットのみで、メインを3種類から選べます。
この日は、ホタテの中華風、チキン南蛮、お豆のコロッケでした。
3人で行ったので、全種類頼んで、少しずつ分け合って食べました。
葉菜ご膳:1,000円(コーヒーか紅茶付き)
64_10.jpg  : 84 KB 64_11.jpg  : 85 KB
64_12.jpg  : 90 KB 64_13.jpg  : 68 KB
どれも手作りの家庭的な味でおいしかったですよ。
64_14.jpg  : 55 KB 64_15.jpg  : 95 KB
おわんの蓋が、柄違いで素敵だったので、3枚並べて写してみました。

他にもお客さんがいらしたので、店内を写せませんでしたが、
お庭が見えるゆったりした部屋で、15席ほどあったような。
駐車スペースは家の左右に3台分ありました。
お近くを通ることがあったら、ぜひ。

ランチダイニング葉菜 
清田区北野6条5丁目5-4
882-5171
営業時間:5月11日〜11月19日(8月7〜16日は休み)
火・水・木・金(土・日・月は休み)
午前11時〜午後3時(オーダーストップ2時)

平岡通り、36号線のほうから来ると、左手なごやか亭を過ぎて
スーパーラッキーの手前。平岡通りを挟んで右手に「エルドール」がある道を左折。
左手に北野緑地がありその向こう隣の三角屋根の家です。

カテゴリ:お勧めランチ



花図鑑追加2010/06/19(土) 晴れ +16.8→+28.0 No.63


■更新報告:花図鑑
八重姫リュウキンカ(5月の花)を追加しました。

数年前に近所の人から頂いた、山野草。
名前知れずでしたが、川柳部屋で聞いてみたら、nanaさんが教えてくださいました。

花図鑑は、6年くらい前に作り始めて、画像が整理できずに長い間放置状態でしたが、
去年、やっとなんとか形になりました。
まだあちこち抜けたところや不備がありますし、覚書程度で図鑑などとタイトルに入れて、
ちょっと大げさなような気がして、できあがったことを報告していませんでしたが、
最近、季節がらか、検索からのアクセスが、日に70〜80件と、これまで不動の1位だった
別冊日記の「作り帯」を凌ぎそうなアクセスがあるようになりました。

これだけ、アクセスを頂くようになると、間違いを伝えてはいけないので、
ちょっと気を引き締めなくてはと思っています。
みなさんも、もし、記述や名前に間違いを見つけたら、教えていただけると助かります。
どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリ:更新報告





[直接移動] [先頭] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20]
投稿画像の表示サイズを変更できます
管理者用

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto -
- i-mode改 - - resize.pl - - ExifInfo.pl -
- Tomo_20080619-tomo : Edit by tomokun - - 携帯対応 -