■Diary-2009年

その日あったこと、考えたこと、更新情報など、何でも記録のページです。
画像をクリックすると大きな画像で見ることができます。


[HOME] [当年日記] [ワード検索] [管理用] [01年] [02年] [03年] [04年] [05年] [06年] [07年] [08年] [10年]
1.行く年 ルーター変更 贈り物 イコロ森のクリスマスツリー オレンジチョコ
2.着物ランチ デジカメ比べ ボッシュマシン@米国Amazon スタンドミキサー 片付けられない女
3.素人的コンデジ撮影法 牡丹亭@シネマ歌舞伎 手術取りやめ 着物の集い-2 茶廊法邑
4.生活クラブの調味料 シミ取り物語・その3 きものの集い 東京3日目 東京2日目
5.東京へ-1 マイクロソフトを騙った英文通知にご注意 10/13の組み合わせ シミ取り物語・その2 イクラの醤油漬け
6.シミ取り物語・その1 スノウボウル バサーの収穫 秋晴れの札幌 ルート検索
7.SOTEC 無臭ニンニク ドライトマト 芸術の森 こね工房
8.普通の幸せ 再会・童夢亭 自然食 8/27の組み合わせ 迷い犬
9.食パンカットガイド 無効なブックマーク 又々長沼買出しツァー 続・サラダスピナー IE7からIE6へ
10.お墓参り 新生姜の梅酢漬け 買出し 年老いた親を持つ子供たちへ ロコモーション
11.教訓 こういう話 安もの買い 無題 統合
12.愚行? 結局再セットアップ 不調脱出 続・PC不調 微妙に不調
13.無題 シュレッダー ゴミ有料化 梅仕事 石鹸シャンプー
14.「決済完了通知」にご用心 スロージョギング 現代のたすき 帯結び 時間
15.ウィルスメール シネマ歌舞伎 本日の組み合わせ 又々鋳物鍋 鋳物鍋料理
16.無題 リサイクル着物 無題 色掛けの綸子 本日の収穫:鋳物琺瑯のお鍋
17.5/11の組み合わせ 健康寿命への道 隠れ斜視 作り帯バージョンアップ 庭日記始めました
18.4/25の組み合わせ 騒ぎすぎ 4/23の組み合わせ リダイレクトの禁止
19.餅まき ローマ字 テレビ 忘れがちだけど忘れてはいけないこと パスタ干し
20.エイプリルフールとPedEgg 今日からダイエット リベンジフランスパン HBフランスパン じゃが芋
21.判官びいき 春は黄色 3/8の組み合わせ 挟み漬け&納豆結果 初そば&納豆作り
22.署名運動 2/24の組み合わせ BOTウィルス 対比 ご意見箱設置
23.電動パスタマシン MazantyからAtlasへ アフェリエイト 麺道楽 パスタマシン-成功
24.無題 初パスタ作り パスタマシン 失敗パンとパンプディングと大雪 無題
25.無題 ホームベーカリー・その2 ホームベーカリー 今年のカレンダー 川柳の部屋
26.リバイバル 2009年
 新着の期間  [3ページまでの表示]  [目次OFF]  [新着一覧
電動パスタマシン2009/02/14(土) 雨 +1.5→+8.1 No.23


>>21の続きです。

23_1.jpg  : 35 KBView Exif 23_1.jpg 23_2.jpg  : 51 KB
電動パスタマシンのアトラスモーターが来ました。
電動とは言っても、ハンドルと、台に止めつける金具も同梱されていて、
手動としても使えるようになっています。
これは、機械の説明ページには載っていなかったのですが、うれしいプラスの要因です。

23_3.jpg  : 20 KB 23_4.jpg  : 28 KB
基本の刃は2種類。
フィットチーネサイズの6.5ミリとスパゲッティーニサイズの1.5ミリ。
1.5ミリのほうは、穴が開いて押し出し式のようになっています。 

23_5.jpg  : 37 KBView Exif 23_5.jpg 23_6.jpg  : 36 KBView Exif 23_6.jpg
肝心のモーターですが、裏にこのようにピンが出ています。
これを、機械のほうについている、手動のハンドルをつける穴に差し込んで
使うようになっています。
つまり、ローラーを使うときは、ローラーの横に、カッターを使うときは
それぞれのカッターの横の手動ハンドルを差込む穴に差し込んで使います。
23_7.jpg  : 36 KBView Exif 23_7.jpg 23_8.jpg  : 36 KBView Exif 23_8.jpg
つけるとこんな風。左は一番奥の1.5ミリの刃のところのピンに挿した所。
この状態の画像をネットで見て、この位置のまま固定だと思っていました。(^^ゞ
右はローラー部分を動かすときの設置位置。
モーターが手前に飛び出しています。

このモーターはは1キロくらいあって支えているのは、ビスとポッチ2個ですが、
セットするとグラグラせずしっかりしています。
本体と同じクロームなので、すっきりスマートです。
モーター部分がピンクのプラスチックでごついインペリアより、デザインは上の印象。

カテゴリ:パスタマシン



No.24

機械の外観、モーターの音、使い勝手など、動画でどうぞ。
 
【YouTube動画 ID:wMC2Hi9zzBw】

パスタマシンは水洗いが出来ないので、使う前に予め作った生地の一部を使って
試運転兼ねてお掃除しました。ローラーの次は6.5ミリのカッター
 
【YouTube動画 ID:HlQGMX0DC4I】


使った生地は、強力粉210g、薄力粉90g、塩12g、水150cc、
スタンドミキサーのドゥフックで10分ほどこねてから30分くらい寝かせただけですが、
打ち粉をしなくてもくっつきませんでした。
電動マシンはやはりパワーがあって、とっても楽です。
片手にカメラを持ちながらの作業でしたが、電動なのですいすい。
まずはローラー
 
【YouTube動画 ID:ZqJcPCDYIJE】

続いて6.5ミリの刃
 
【YouTube動画 ID:FJ0iCozai9Y】


標準で付いてくる刃の細いほう、1.5ミリでテストしました。
寝かせたりない生地で、打ち粉もしていないのに、スイスイ出てきました。
 
【YouTube動画 ID:Mp-aLNdExFU】

使い終わった後の羽にもほとんど種がついていません。裏もきれいです。
 
【YouTube動画 ID:msgMAC4m_SE】


お掃除が終わったので、いよいよ本番。
今晩のご飯のために用意したパスタ生地を使って作業してみます。
パスタの生地は、強力粉100g、デュラムセモリナ200g、卵M3個、オリーブ油大さじ1
寝かせ時間が1時間くらい。
べたついていたので、強力粉で打ち粉しました。
 
【YouTube動画 ID:55e0-4ZO2kA】

4分割して、ひと分割ずつ、ローラーへ。
生地の寝かせが足りない分、もみこみを兼ねて何度か通しました。
 
【YouTube動画 ID:_MPRZo9cysg】


フィットチーネ用にカット。2本くっつき気味いて出てきした、
後で気がつきましたが、ローラーした後、少し乾かすのを忘れました。
それをしていたら、ちゃんときれいに切れていたことでしょう。
 
【YouTube動画 ID:ppvXRaKHhKE】

タリアテッレ程度の3ミリもカット。
麺体を乾かしていなかった割りには何とか切れました。
 
【YouTube動画 ID:zIcdqZ_Qm2g】


24_1.jpg  : 29 KBView Exif 24_1.jpg 切ったパスタは少し干したほうが、
よりプリプリになるそうです。
パスタを干すために、このような専用のラック
あるようですが、値段高すぎ。
というわけで、割り箸とS字フックで簡易ドライニング。
換気扇フードの縁がちょうど良い具合。
■追記・4/4
ドライニング用器具、もっと良い物見つけました。詳細は>>41

フィットチーネやタリアテッレサイズをカットしましたが、
パスタバイクも買ったことだしと、今日の晩ご飯はラビオリにすることにしました。
7番で延ばしたら、ワンタンくらいの薄さ。
これはパスタマシンならでは。麺棒での手作業では、ここまでは無理ですね。
今回は、右手にカメラを持ちながらの片手作業でしたが、電動はやはり楽です。
 
【YouTube動画 ID:4Ca_CXyYFBg】

24_2.jpg  : 27 KBView Exif 24_2.jpg ちなみにパスタバイクというのは、こういうもの。
カッターの駒は9個付いていて、はずすことが出来、
15ミリ間隔で、調節できるようになっています。
ラビオリやラザーニア用の麺のカットに便利かなと買ってみましたが、「のし上がった生地の上で走らせれば、お好みのサイズに素早く簡単にカット」できるはずでしたが、全然切れず、使い物になりません。これは失敗。
ぎざぎざ模様は付かないけれど、包丁で切ったほうがよほど簡単で早いです。



MazantyからAtlasへ2009/02/09(月) 晴れ -5.7℃→+4.5℃ No.21


>>16でも書きましたが、加水率を下げたらうまくいったマザンティちゃんですが、
この時用に、麺体を延ばしている途中で、ローラーがなめったようになり、
スムーズに回らなくなりました。
うどんなので、パスタほど硬い生地ではなかったのですが、軸受け部分の問題かな?
不良品ということで、返品交換を受け付けてもらえたので、今度はちょっと高くても
しっかりしたものを選ぶことに。そしてできれば電動にしたいなと。
電動は両手を使えるし、台に固定しなくても良い。
つまりは、床も汚れず済んで一石三鳥。

日本で手に入る電動マシンは、インペリアとアトラスというイタリアのメーカーの製品。
しかし、調べてみると、2種とも情報が少ないんですよね。
パスタマシン自体がそれほど普及しているものじゃないから仕方がないのかもしれないけど、
どっちがパワーがあるかとか、モーターの音はどうかとか、
連続運転はどのくらいできるかとか、作りはどっちがどうなのかとか、
切れそうかとか、知りたいのはそんなとこ。

現物を見られると早いのですが、現物はおろか、カタログさえも置いているところが
市中ではなさそうなので、ネットで調べるしかありません。

両方を取り扱っているお店4件に電話しましたが、聞きたい情報は得られず。
使ったことがある人がいたのはただ一軒だけ。
女性の方で、手動インペリアでしたが
「切れ味や外装の質は大差ない。むしろなぜ、日本ではインペリアがこんなに高いのか
と思います。」
「ただ、電動にしたいという方にはインペリアを勧めています」とおっしゃるので、
理由を聞くと、「電動があるのはインペリアだけなので」とのこと。
アトラスにも電動があることをご存じないようでした。
両方のメーカーを取扱っている店でもこんな程度。

レビューを見ても、電動を使っている人のは7件のみ。
全部アトラスの使用者でした。
どれも良い評価でしたが、「手動より楽」というのが伝わってきただけ。
ちょっと参考になったのは、レビュー履歴に料理関係のものが多かった人が書いていた、
「とてもパワーもあり使いやすいです。見た目もおしゃれ。」というのと、
「アトラスの歯が、硬質アルミに変わっていて、この点、切れ味で
インペリアより上と考える」と、書いていた人のもの。
この方は、以前インペリアをお使いだったとのこと。
ただ、どちらも使用感に具体性が足りず、背中を押されるまでに至らず。

*ちなみに、この素材変更のことは、私が聞いた取り扱い業者では、
知っている人はいなかったです。
このレビューを書いた人も、中に入っていた正誤表で知ったそうです。
ことほどさように、情報がほとんどない商品。

こうなったら、後は見た目と値段で決めるしかないかな。
海外ではこの2つはほとんど同じ値段。
例えば→ Italiankitchenware.comでは、両方とも、$109.95
アメリカのAmazonでは、アトラスが、$175.50、インペリアが$107.22。
なのに、日本では、インペリアのほうが3〜5割ほど高いのです。

特にインペリアの電動モーターは、本体よりも高く定価で18,900円
本体と合わせると、最安でも23,000円ほど。
片やアトラスは、モーターと本体で15,000円と、米国Amazon並み。
インペリアのモーター分で一式買えてしまいます。

こんなに価格の差があると、迷わずアトラスと行きたいところですが、最初に安いのを買って
失敗しているので、いつも以上に慎重になっています。

お店の話や、レビューでもイマイチぴんとこなかったので、
私と同じ様に、電動のアトラスとインペリアで検討したことがある人はいないかなと、
検索してみたら、アメリカ在住らしき日本の人が書いた、2年前の記事がありました。
でも、残念ながら、インペリアを購入したところで終わっていて、使用してからの感想記事は
ありませんでした。
ただ、その人は、はじめアトラスに傾きつつ、最後インペリアに決めた理由は、アトラスは、
ラビオリメーカーが電動状態では使えない、ということが大きかったようです。

たしかにインペリアは、マカロニやラビオリを自動で作れるアタッチメントが
あったりして、なかなか面白そうです。
(アトラスもあるようなのですが、日本にはまだ入ってきていません)

でも、そうは言っても、そのアタッチメントも1種類8,000円以上するし、
第一、マカロニやラビオリを、これまでそう食べたこともないのに、
これからは老後に向かうというのに、頻繁に作るとも思えないですしね(笑)。
何か付いていると、本質を見ないでそっちが良さそうに見えるのは、私の弱いとこです(笑)。

で、この、電動で動かせるラビオリメーカー。
これについて、期待はずれだったと書いてるBlog記事を見つけました。
読んだら、なるほどね、確かにそういう風になるだろうな、と気付いたのですが、
商品写真や説明を読むと、きれいにスルスルとできるような気がしてしまいます。
だからこそ買ってしまう人、買いたいと思う人がいるわけで。

21_2.jpg  : 26 KB 21_3.jpg  : 14 KB
最後の決め手は見た目とパワー。
左がアトラスですが、モーターをセットしたときにすっきりしています。
片や、インペリアの電動部分は、けっこうごつくて、作業中邪魔になりそうな印象。
使用ワット数は、アトラスが100W、インペリアは80Wなので、たぶんアトラスのほうが
モーターのパワーは大きそうです。

モーターの耐久性ですが、
インペリアのモーターが、ちょっと負荷がかかると、熱くなって止まってしまうと
書いていたレビューがありましたが、同じくアトラスでも、モーターがダウンした事例が
3件あったと率直に教えてくれた業者さんがいました(ここから買いました(^。^)。
これはどっちもどっち。使用法が良くなかった節もあり。
使用方を守っていれば大丈夫そう。

このような流れがあって、良くも悪くも両者に価格差ほどの品質の差はないと判断。
アトラスに決めました。
というわけで、本日注文。
一緒に3.5ミリのカッターと、ラビオリ、ラザーニア用にパスタバイクも買いました。
さて、これで、「I'll Never Buy 売ってる袋入りのPasta Again!」となりますかどうか(笑)。

届いたら、使用感など、これからも折々に継続して報告したいと思っています。
せっかくネットで公開するのですから、いつかどなたかの購入検討の一助になるような、
客観的レビューを心がけて。
とはいえ、だれも、私のように知りたがらないかもしれませんけどね(笑)。

カテゴリ:パスタマシン



No.22

色々検索しているうちに、私の不安は、実物を見ていないこともありましたが、
どっちもどっちというか、日本製でない、というところにあると気付きました。
これがたぶん、パナソニックや日立の製品なら、仕様と値段と見た目で
使用者のレビューをこれほど細かくチェックせずとも決めていたと思います。

せめて、これがあると良かったんですけどね。
4〜5年前に1〜2年販売されただけで製造中止になったようです。
時期尚早だったのでしょうか。
今になってネットオークションでは、中古が2〜3万で取引されているようなので、
今なら、こういうのがあったらきっと売れると思いますけどね。

余談ですが、私も、1万5千円までなら買おうと、数回使用程度の中古品に
入札してましたが、結果3万まで行ってしまいました。

パナソニックあたりで、作ってくれないかな〜。
で、分解して食洗機で洗えるようになっていたら言うことなし。

>>23に続きます。



アフェリエイト2009/02/07(土) 曇り -8.9℃→+0.2℃ No.20


ここのサイトのTOPには、Amazonの窓をつけています。
いわゆるアフェリエイト。
自分で買うときの便宜もありますが、あわよくば、訪問者がここから買ってくださると、
そのうちの3〜5%が私に還元されるという目論見があります。(^。^)

しかし、これを貼ってから、もう3年は経っていると思うけれど、
初めてまもなく2000円ほど貰ってそれっきり。
たしか、マージンが、一定の金額にならないと、支払いにならないようなので、
きっと残高が足りないのだろうと思っていました。

20_1.jpg  : 55 KB
先日(といっても去年の年末ですが)、メールが送られてきました。
送り主が、gc-orders@amazon.co.jp 
件名が、associates@amazon.co.jp様からAmazon・・・
全部見えませんでいた。

送り主もタイトルも、アルファベットのみで来るものは、
大体ジャンクと、ざっと見て消してしまうのですが、
ふと末尾にAmazonが見えたので、中味を表示してみました。
そうしたら、こんなものが現れました。
アフェリエイトのマージンが支払われるクーポンでした。
以前は確か、こういう画像ではなく、文章で送られきたような?

で、もしやと、ここで初めて、過去の履歴を見てみると、なんと、これまでに、
今回のを含め4回の支払いがあったようです。

1/23/2006 ギフト券による支払い  \2,126
10/30/2006  ギフト券による支払い  \2,082
1/24/2008  ギフト券による支払い  \2,511
12/24/2008  ギフト券による支払い  \1,634 

うーむ、記憶にあるのが一度目なのか、2度目なのか定かではありませんが、
いずれにしても、4,000円以上流してしまったようです。
もったいないことをしました。
ここを通して買ってくださったみなさまのご好意を無駄にしてごめんなさい。

「アソシエイトアカウント」というのをちゃんとチェックしていれば、
気が付いたのでしょうが、普段は、注文履歴を見るのがせいぜい。
Amazonのメニューは、私にはどうもわかりにくくて、こういうのがあるのも、
今回もあちこち探してやっと見つけた次第。

しかし、Amazonも、どうせAmazonの買い物でしか使えないクーポンで下さるのなら
メールで届けるのではなく、直接それぞれのアカウントのところに入れておくという
方法はとってもらえないものかしら?

私のようなそそっかしい方は少ないと思いますが、ジャンクメールの多いご時世、
こういう横文字アドレスが差出人になっていると、つい見落としてしまう可能性が
なきにしもあらずです。お気をつけて。

カテゴリ:PC関係



麺道楽2009/02/02(月) 曇り -4.6℃→-0.2℃ No.18

18_1.jpg  : 31 KB
最初に作った、うどんもパスタも、ホームベーカリー
(以下HB)のレシピだったので、パスタマシンを
通すには、水分が、若干多かったようです。
なので、延しが、ガタガタになったり、
つながって切れたりしたのですね。
先日買ったこの本は、「パスタマシンで」というサブタイトルが付いているだけあって、
水分率が、パスタマシン向きになっているようです。

例えば、うどんですが、
HBでは・・・54% 麺道楽では・・・46%
パスタは、卵を含む水分が、HBでは・・・56% 麺道楽では・・・47%
と、HBより少なくなっています。

今日は、うどんを作るつもりで、3日前から寝かせていた生地があったので、
それを使って水餃子を作りました。
母が昔、ちゃぶ台を打ち粉だらけにして作っていたのは、小さな麺棒で伸ばしていて、
一日がかりでしたが、パスタマシーンのローラーで伸ばした麺体を型抜きするだけなら、
そう手間もかからず、ちょっと早めに準備すれば出来そうです。
18_2.jpg  : 21 KBView Exif 18_2.jpg 18_3.jpg  : 40 KBView Exif 18_3.jpg
ちょうど良い大きさの型がなくて、茶筒の蓋を使いました。↑実は手先が不器用(笑)
茶筒の蓋だと、縁に丸みがあるので、きれいに抜けませんでしたが、
セルクルのような縁が鋭利な型があったら、スッと1回で抜けて、もっと楽でしょうね。

ちなみに、使った麺体は、うどん用なので水分率46%ですが、
粉の袋の裏についていたレシピによると、
焼き餃子用なら、強力粉100g・薄力粉100gに、熱湯140cc(70%)
水餃子用なら、強力粉200gに、熱湯ではなく水を110CC(55%)が適当とのこと。
これではちょっと水分が多すぎて、手延べには良いけど、パスタマシン向きではなさそう。
というわけで、うどん用で作るのが良さそうです。

>>21へ続く

カテゴリ:パスタマシン



パスタマシン-成功2009/01/28(水) 晴れ -6.6℃→+1.0℃ No.16


>>15の続きです。
ローラーを通すと、ガタガタだし、カッターからは2本くっついて出てくるわで、
買ったことをちょっと後悔した、マザンティちゃん。

購入したお店に、25日の写真添付で、原因はどの辺りにあるかを相談してみたら、
別の機械を送るので、比較してみて下さいとおっしゃっていただきましたが、
どうも、問題は生地のほうにありそうなので、もう少し試してだめなら、
機械の変更をお願いすることに。

というわけで、3日間冷蔵庫で寝かせた生地を、縁が乾くくらいまで、
2〜3時間室温に放置した硬めの生地でチャレンジしてみたら、なんてことはない。
あっさりと、ノシも切りもすんなりときれいにできました。
うまくいかなかった原因は、やはり機械ではなく、種にあったようです。

16_1.jpg  : 42 KBView Exif 16_1.jpg 16_9.jpg  : 41 KBView Exif 16_9.jpg
種は、25日の残りなので、元の配合は同じですが、打ち粉したり、乾かしたりで、
水分が2割は減っていると思われ。見た目も随分違っています。
右が25日の状態ですが、表面が光って見るからに滑らかな生地です。
なので綿棒でスイスイ伸ばせたのです。
16_2.jpg  : 43 KBView Exif 16_2.jpg
今日のは、綿棒では伸ばせないくらいの硬さです。
それを、2〜3回ローラーに通すと、最初はモロモロと
していた生地が、だんだん滑らかになって来ました。

16_3.jpg  : 36 KBView Exif 16_3.jpg これをカッターに通しました。
まずは、一番幅が広い6.5ミリから。
打ち粉はナシでも大丈夫。
すんなり、離れて出てきました!
16_4.jpg  : 39 KBView Exif 16_4.jpg 次は3ミリ。25日のと同じ太さです。
今日のは、縁もかっちりとスクエアで、
パスタらしい顔になっています。
25日の時は、カッターを通しながら、麺体のほうを
引っ張って伸ばせたのですが、今日のはそれが
できないくらいしっかりしています。
たぶんこれが正しい姿なのでしょう。
16_5.jpg  : 46 KBView Exif 16_5.jpg これは一番細い1.5ミリ
種が少ししか残ってなくて、よれって通ったので
間がちょっと空いていますが、
これも、打ち粉なしでもくっつかず、
ちゃんと出てきたときは感動しました。
これで、おそばやラーメン、冷麺も作れそうです。
16_6.jpg  : 60 KBView Exif 16_6.jpg 3種類並べてみました。
こういう状態で、粉をまぶさず置いていても
麺同士がくっつきません。
これなら、棒にかけて干しても大丈夫。
前回のは、それをやったら自重で伸びてしまいそうな
くらい柔らかかったので、やはりあれは、
かなり水分が多かったのですね。

これで、この本も役に立ちそうです。(^。^)
改めて、「麺道楽」の水分率を見たら、パスタの場合、粉に対して、
卵と水を合わせて47%になっています。
25日に私が作ったのは、56.5%ですもの、柔らかかったはずです。
HBのレシピは、手で延ばす事を考えて、柔らかめになっているのかもしれませんね。

16_7.jpg  : 46 KBView Exif 16_7.jpg 16_8.jpg  : 43 KBView Exif 16_8.jpg
使い終わった後の刃も、種がほとんどついていなくて、こんなにきれいです。
これならちょっと降ればポロポロ落ちてきて、手入れもラクチン。

なにはともあれ、原因が種のほうだとわかってよかった。

>>18へ続く

カテゴリ:パスタマシン





[直接移動] [先頭] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26]
投稿画像の表示サイズを変更できます
管理者用

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto -
- i-mode改 - - resize.pl - - ExifInfo.pl -
- Tomo_20080619-tomo : Edit by tomokun - - 携帯対応 -