10/29-ゴミ関係その2

2018/10/29 曇一時雨→晴  +6.5→+14.4
………………………………………………………………………………………………
残っていた、燃やせないゴミを、破砕ゴミ(プラスチック製品や金属)と、
埋め立てゴミ(食器、ガラス系)の収集場所に持ち込んできました。

この埋め立てゴミの持ち込み先が、手稲の山口というところで、
ほぼ銭函(札幌と小樽の境界線)。
出かけた時はお天気が良かったのですが、到着と同時に雨が降り出し。

入り口の受付から、だいぶ離れたところにゴミの受け入れ場所がありました。
随分前にここを埋め立てして、一大公園を作ろうという計画があったようですが、
埋め立てゴミがなかなか集まらず、公園計画はどっかに行っちゃったようです。

こんな広大なところに、ぽつんとひとり、案内棒を振りながら
受け入れ係の人が立って待っていてくれました。
入り口からの連絡があってから待機小屋からでてくるのでしょうけれど、
海が近いところなので寒い風と雨の中でお待たせして申し訳なく。
夫も同じ思いだったようで、こんな少しの量で申し訳ないんですが、
収集日に不在なものでというと、いやー気にしないでくださいとニコニコ
けっこう年配のかたで、再任用なのかな。
寒いから早く小屋に戻ってくれるといいのに、
帰りも車が回るところまで、きちんと見届けてくれてました。

おとといの篠路工場も、先に行った発寒の破砕工場も
ここの山口の人たちも、出会った人は、みんな気持ちの良い人で、
言葉かけも優しく、やっと厄介ゴミが片付いた安堵感と相まって、
なんだかとってもよい出会いをしたような余韻に浸って帰ってきました。

下が火山灰のところに雨混じりで、車はどろどろになりましたが、気持ちは晴れ晴れ。

明日、冷蔵庫、ソファー、レンジ、整理ダンスを貰ってくれる人が来て
明後日の個別収集にお布団や椅子を出したら、大物はおおよそ終了。

今日の破砕ごみは前回と同じく80キロで1,600円、
埋め立てゴミは30キロで600円でした。

10/29-ゴミ関係その2” への2件のコメント

  1. 広大な北海道が、この写真から垣間見えますね~
    わが市は、ごみからリサイクル品まで搬入場所は、地域毎にかたまってます。
    今週中にスッキリ出来ますね~
    心置きなく楽しい旅行に出かけられますね・・・
    お土産話、楽しみにしております。

    • 埋め立ては海の近くだから遠いのよ
      初めて行ったけど、景色が良かったよ。山も海も見えて。
      でも、冬は吹きっさらしで、働いている人は大変だろうと思った。

      搬入ゴミ、結局、まだ残っててね。
      今朝も30キロ位、粉砕工場に持ち込みしてきました。

      それにしても、どんなに気に入って買ったものも
      こんなふうになってしまうんだから、虚しいよね。
      家に親子代々住んでいた時代なら、そのまま引き継げるから
      こんな苦労はなかったんだろうけどね。

コメントは受け付けていません。