[HOME] [HAMIX-Diary] [はな動画劇場] [ワンご飯] [ワード検索] [管理用]

■はな日記-2018年
2002年7月18日生まれのヨーキーのはなのページです
1.はな / ありがとう / 療養中 / チビはな / ゆたんぽ
2.西日 / おみず / あふたー / びふぉー / ぐっすりんこ
 新着の期間  [全ページの表示]  [目次OFF
はな  2018/03/01(木)  雪  No.60


はな、昨日の午後2時少し過ぎに、天に帰って行きました。
15歳と7ヶ月と10日でした。
長い間、はなを愛して見守ってくださったみなさん、本当にありがとうございました。

60_1.jpg  : 68 KB
うちの子になって、15年と5ヶ月と23日
私たちは、はなのおとさんとおかさんになれて、楽しく幸せな日々でした。

はなの最期は、本当にあっけなく、寝ている姿もきれいで、
ただ寝ているだけに見えます。
私たちは、まだ現実のこととして受け入れられない気持ちですが、
はなの命はもう地上にはありません。

先週まで、一緒に寝ているベッドから降りて、トイレにも行っていたし、
玄関のチャイムに野次馬で覗きに行ったり、ワンワンしていました。

おとさんとお留守番だった月曜日は、帰るコールした私に、
早く帰っておいでよと言うように、電話口でワンワンしてました。
ご飯は、この夜から食べなくなりました。
お水は、飲み出しまでますます時間がかかるようになり、足腰が持たず、ボウルに
顔を突っ込みそうになるので、シリンジでやることにしました。(主にポカリスエット)

前日(火曜日)のお昼まで、よろよろしながらもトイレに歩いていって、
うんちもおしっこもしてました。

最期の日は、朝から快晴の1日。
ポカポカ日が差し込む部屋で、はなは寝たままでしたが、寝息は穏やかで規則正しく、
時々、苦しそうにキュイーンと泣くので、寝返りをさせてやると、又しばらくスヤスヤ、
その繰り返しで、私たちはそばで見守りつつ、本を読んだりして過ごしていました。

命が飛びたつ直前、はながテレパシーを送ってくれたのか、ふと見ると痙攣していて、
ああと抱き上げると、口をパクパクして、覗き込む私の目を見ました。
シリンジを手にしていたおとさんが、お水を1滴口に垂らしたら、パクンと閉じました。
その瞬間、命が飛び立ったとわかりました。

私たちにそんな時間をくれて、なんて健気で親孝行な良い子でしょう。
苦しい時間が短かったこと、最期の2日間、2人揃って昼も夜もずっと
そばにいられたことが今は慰めです。

はなちょん天使、うちに舞い降りてくれて本当にありがとう。
はなは、出会ったみんなの温かいところ優しいところを引き出して見せてくれたね。
はなが見えないところに行ってしまって、おとさんとおかさんは、
さびしく悲しいけれど、はながいた時のように仲良く暮らすからね。
また会える日まで、虹の橋のたもとで待っててね。
60_2.jpg  : 39 KB
おとさんとおかさんと再会の約束の握手

カテゴリ:3月





隠れているコメントがあります。ここをクリックしてください。

ありがとう  2018/03/01(木) 雪 -4.4→+0.9 No.70


はなに心を寄せて下さったみなさん、突然の報告で、びっくりさせてしまってごめんね。
みなさん、はなとの別れをそれぞれに想ってくださってうれしかったです。
はなもきっと喜んでいると思います。ありがとうございました。
レスと報告もこちらでまとめてさせていただきますね。ごめんなさい。

はなは、最後は尿毒症になってしまったんだと思います。
水曜日、朝一番に、うちから車で5分ほどの病院に点滴を受けに行きましたが、
体温を測って、聴診器を当てた獣医さんは、今は、注射針すらはなの負担になるから、
もう何もしない方がいい。このまま家で過ごさせてやってくださいと言いました。
それで、残りの時間は、そう多くないんだなぁと、覚悟しましたが、
まさかその日の午後とは。早すぎました

病院に出かけたのが負担になったのかもと思わなくもないですが、
バスタオルと毛布でくるみ、顔だけ出した、赤ちゃんスタイルのはなを抱きかかえて、
玄関から出ると鼻をピクピク。あ、お外だ〜っていう顔をしたような。
それを言うと「はなは外が好きだから、外の空気を吸いたかったんだよね」
とおとさん。そうだよね、良かったよねと思うことにしました。
獣医さんの言葉で私たちの覚悟も決まったし、
行かなかったら、最後に何かできなかったかと悔いが残ったかもしれません。

覚悟していたせいか、亡くなった直後は、ふたりともちょっと涙が滲んだだけで
すぐさま、はなをきれいにして、布団を片付けたり、タオル類、敷物など洗濯したり、
動かずにいられず、打ち合わせなくても、バタバタテキパキ動き、家中掃除。
はなが使っていたものは、おとさんの手で全部見えないところに片付けられていました。

そうこうしているうちに夜を迎え。
さて火葬はどうしよう、やっぱり明日かな。
隣のコーギーの時に、炉を備えたトラックで来て家の前で焼いてくれる業者を使ったと
言っていたことを思い出し、どこの業者か聞きに行ったり、それぞれで検索しつつ、
そばの小さいベッドに寝かせたはなを見ると、いつものちょっと寝ているような姿。

このまま、いつまでも置いておけるものなら置いておきたいよね。
そうだ剥製にできないかなぁと言うと、反対するかと思ったおとさんが、
うん、それもいいねというので、じゃちょっと聞いてみようと、
市内の剥製業者を探して、近いところで古そうなところに電話。

すぐに出た、年配らしき声の剥製屋さん曰く
「年に1ー2度そういう依頼があって、作ったことがあるけれど、冷たいし硬いよ。
年数たったら処分に困るよ。
作るなら今晩から冷蔵庫に入れてもらわなきゃならないし、辛いんじゃないかい?
ゆっくり、考えたほうが良い」ととても親切で真っ当なお応え。
(ちなみにヨーキーサイズなら一体5万円と価格も良心的でした)

そこでやっと、私だけでなく、おとさんも平常心ではないのだと気づき。
剥製はやめよう。
落ち着いたら、そっくりに作ってくれるぬいぐるみ屋さんを探そうということになり。
火葬屋さんを手配して、はながいる最後の夜、川の字で早寝しました。
(いつものようにはなの前足をモミモミ、頭や顎をナデナデ
もうこうすることもできないと思うと眠れず)

明けて今日は、快晴の昨日とは打って変わって、一日中水っぽい雪降り。
小さなベッドに横たわっているはなを、入れ替わり立ち代わり何度も見に行き、
姿を目に焼き付け、そっくりぬいぐるみ用にスケッチしたり、話しかけたり、
頬ずりしたり、形見の毛をカットしたり、肉球を紙に写したり。
もうじき姿がなくなると思うと、何かしておかねばと、ジタバタしました。

そうこうしているうちに残り時間は2時間を切り。
おとさんが、はなをいつも道路を見張りしていた西の出窓のところに運んでくれるのを、
ぼーっと眺めていただけの私。そういう準備を何も考えていませんでした。

70_1.jpg  : 46 KB
はなちょん2号とちびはなに守られて、雪降る庭を眺めているかのようなはな

70_2.jpg  : 54 KB
夕方4時に火葬の車が来ました
はなから庭と家が見えるように、バックで敷地の中に入れてほしかったけれど、
案外大きな車で、入り口のアーチをくぐれず、歩道に駐車することに。

40分ほどかかると言うので、はなを渡して、家の中で待機。
待っている間、ふたりで簡単に送る式をしようと、おとさんが讃美歌と聖書を
持ってきました。見ると服も着替えています。
骨壷を置く場所も決めて片付けてありました。
まぁ、なんと気が利くこと。
そういうことを全く思いつかなかった私は、やっぱり平常心ではなかったようで。

車の方を見ながら、送る讃美歌を歌っていたら、突然おとさんが声をつまらせだし、
それをきっかけに、お互いに外に顔を向けたまま、静かにボロボロ泣きました。
泣けてよかった。諦めがついたし、おとさんのほうが悲しんでいることがわかったし。
母も沈んでいるし。私がシッカリしなければ、です。

用意ができたと呼ばれて、車の横から乗り込むと、台の上の金属のバットの上に
骨がきれいに並べられていて、ひとつひとつどこの場所か丁寧に説明してくれました。

きれいな骨で、小さい小さい足の指の関節まできちんと形が残っています。
こんな形になって悲しいより、標本のようで感動しました。
こんなに小さな骨まできれいに残るのは、はなの年齢の小型犬では少ないそうです。

黒いところもなかったし、健康だったんですね、と言ってもらって
ホッとしたが半分、それならもっと生かしてやれたんじゃないかと思ったり。
70_5.jpg  : 50 KB
こんな風にきれいに並べて渡してくれるとわかっていたら、
うちから平たい容器を持ってきたかった。
そのくらい、はなの骨のきれいさかわいらしさに、感動しました。
うちの直ぐ前なのに、適当な器を用意しに戻るということも思いつかず。
あとで、並べてみようと、用意されたそっけない骨壷にそっと入れたおとさんと私。

70_6.jpg  : 59 KB
おとさんが用意してくれた場所にその骨壷を置いたら、なんだか力が抜けました。

そのうち喪失感や寂しさに襲われる予感はありますが、
今のところは、なんだかよくわからない状態です。
今日の雪が重くて、何度も雪かきしたせいか
この3日間、なにを食べたかなの食事だったせいか、
体重がちょびっと減ったのだけが良かったこと。

とにもかくにも、はなは、空に帰りました。
はなのことだから、そのうち冷蔵庫の影から覗くような気がしてますが
実際現れたら、腰抜かすかもね。(^.^)

カテゴリ:3月





隠れているコメントがあります。ここをクリックしてください。

療養中  2018/02/27(火) 晴れ -10.1→-0.7 No.54


はなが、体調を崩していて、ベッドの上がり下りが心配なので
一昨日から床にお布団敷いて、添い寝しています。
54_1.jpg  : 40 KB
初日は、おとさんが付き添ってくれましたが、
寝にくそうなので、昨日からおかさんに交代。
54_2.jpg  : 61 KB
だから昼間は、おとさんがべったりです。
54_3.jpg  : 69 KB
そばに人がいないと、心細いようで、子猫みたいな声で泣くので
ご飯も交代で、一人ずつ下に降りて食べています。

なので、当分、晩ご飯のページもお休みします。

春は名のみで、まだまだ寒い日が続いているので、
みなさんも体調に気をつけてくださいね。


カテゴリ:2月





隠れているコメントがあります。ここをクリックしてください。

チビはな  2018/02/26(月) 曇り一時雪 -7.7→-1.1 No.53


今日は、月に一度の羊毛フェルト教室2回目。
黒い毛糸玉だったころのはなを作ろうと、
2002年の日記から、いくつかプリントして持参しました。
53_1.jpg  : 131 KB
当時は、サーバー容量が小さかったので、写真を小さくしていて
不鮮明ですが、あれから15年以上たったのねぇと感慨深く。

53_4.jpg  : 67 KB
というわけで、出来ました。チビはなちゃん
ちょっと耳の位置と形が違うのですが、、、。
53_2.jpg  : 60 KB
はながうちに来てすぐのころ、ちょうどこのくらいの大きさだったような。
400gくらいしかなくて、エプロンのポケットにすっぽり収まるおチビちゃんでした。

53_3.jpg  : 81 KB
おねえちゃんは、ネムネムで、一緒に写ってくれないので
はなちょん2号にお願いしました。

ほかの人の作品も写してきましたよ。(今日は私も含めて4人でした)
53_5.jpg  : 53 KB
チワワちゃん。目元に苦労してました。(^o^)
53_6.jpg  : 54 KB
おでこがポイントらしいので横向きも
53_7.jpg  : 34 KB
パンダと黒猫。色が引き立つ明るいところで並んで記念撮影。


カテゴリ:2月





隠れているコメントがあります。ここをクリックしてください。

ゆたんぽ  2018/02/19(火) 曇り→晴れ -10.1→-2.3 No.48


48_1.jpg  : 49 KB
ちょうど良い温度です。(お互いにね)


カテゴリ:2月





隠れているコメントがあります。ここをクリックしてください。




■ カテゴリ ■



■ 過去ログ ■


[直接移動] [先頭] [1] [2] [3]
投稿画像の表示サイズを変更できます
処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto -
- i-mode改 -
- Tomo_20090110-tomo : Edit by tomokun - - 携帯対応 -