6/28-26日の続き

2018/06/28(木)曇り +15.1→+21.9

………………………………………………………………………………………………
2日遅れですが、26日の庭の様子、個別近撮版です。

家側のボーダーに植えているバラは、こんなふうです。

左端に見えているアーチの右側は「ザ・ジェネラス・ガーデナー

花径12~3センチ、たっぷり咲く華やかな美人さん。(イングリッシュローズ)

■写真が多いので、続きは折りたたみます。 続きを読む

6/26の庭

2018/06/26(火)曇り +10.9→+21.2

………………………………………………………………………………………………
やっとこ、木もバラも草花も元気いっぱいの季節になったというのに
このところ肌寒い日続き。で、明日からしばらく雨の予報でがっかり。
今日もどんよりした空で、パッとしませんでしたが、
今年のベストはたぶん今日!と撮ってきました。
独り善がりの庭ですが、年に一度の満開を遠くのみなさんにもご覧頂きたく

玄関横から
手前のアーチのピンクは、フェリシア、反対側は、スノウグースです。
向こうのアーチの白い花は、マダム・アルディです。

庭に入る入口のアーチ部分。右側はコーネリアです。

コーネリアの右隣は、ブラッシュノアゼット。どちらも今年はたわわです。

庭の奥から、入口側を見たところ。

テラスの下の小道のところ。右が南、向こうが東方向です。
西側の建物が建て代わって、今までよりちょっと長く西日が当たるようになったせいか、
花つきが良くなってきました。お日さんの力は大きいですね。

手前のバラは、バフビューティです。

車庫の後ろの花壇、3年目になりました。左が南、向こうが西です。
ここは日当たりと土が良いせいか、10年位経ったようなモリモリ具合です。

上の写真の左に続いているところ。ヤマアジサイが咲き始めています。

その又左。入り口を入ると正面に見えるところですが、ここは半日陰地なので
山アジサイやシダなど、日陰に強いもの揃い。

正面の左側。向こうがテラス下の小道に続きます。

*明日は、個別のバラの写真を載せてみます。

6/21ー単衣

6/21(木)晴れ一時夕立 +15.4→+22.1

………………………………………………………………………………………………
6月と9月は単衣(ひとえ・裏がついていない透けないきもの)の季節です。

これは、透けない絹の縮みで模様が「海老」なので、
私は、夏物時期の7月の初めや8月の終わりにも着ることがあります。
逆に、寒いくらいの気温の時もある北海道では、6月の初めころや
9月の終わり頃には、なんとなく季節外れな感じがして選びにくい柄と素材です。
なので、、着る時期が短い単衣の着物の中でも、
特に着る期間が限定されるこの着物。4~5年ぶりの出番です。


せっかくの海老柄なので、海つながりの帯にしたいところですが、
手持ちの中で、色と素材に違和感がないもので探したら
このエジプト風な模様の染めの帯になりました。

帯揚げは、夏用の絽
ちょっと涼し気に見えるよう緑のガラスの帯留めで。

波の模様の押絵紋をつけました。

襦袢は、袖だけのウソツキ袖。→作り方はこちら
作り方のリンク先にも、この着物にこのウソツキをつけた写真がありますが、
柄は「いろはにほへと」です。
凝った柄の襦袢は高価ですが、袖だけだと、端布や洋服生地が使えるので
安上がりに楽しめます。

・・・と用意したけど、いざ着ようというところで、電話やら宅配到着やらで、
残り時間30分になり断念。洋服にしました。
去年までは、30分、いや20分でもあれば、頑張って着たんですけどね。
最近は、洋服なら楽だし、帰ってからの片付けも簡単だしね、とすぐ諦めます。
というわけで、次この着物の出番はいつになることやらになってしまいました。

ちなみに、お昼は、いつものすみれホテルの中華ランチセットでした。

6/17-バラ始まり

2018/06/17(日) 晴れ +10.3→+16.6
………………………………………………………………………………………………

バラが始まりました。


コーネリアちゃん。背丈は低いですがたわわです。



マダム・ピエール・オジェも今年は、たっぷり咲いてます。
オールドローズですが、この時期が終わっても、秋までポツポツ咲いてくれます。
写真が多いので、ここから下は折りたたみます。 続きを読む

6/9-バラの前

2018/06/09(土) 曇り +11.0→+14.3

………………………………………………………………………………………………
今週はじめから、札幌も気温が高い日が続いていたので、
市内平均より遅めのうちの庭にも色が溢れて来ました。
昨日は土砂降りだったので、うなだれている花もちらほらですが、
植物も地面も、久しぶりの雨を喜んでいるよう。(水やり休める人間も喜んでます)
今日は曇ってて風もあったので、写真はいまいちですが、今の緑を。


ダッチ」という芍薬です。開き始めたところ。
開花すると直径15センチほどにもなる大輪で、石鹸系の良い香りがします。

丁字草
隣のオリエンタルポピーが大株になったせいか、背丈が伸びてませんが花はいっぱい

これが、3年目にして一気に大きくなったオリエンタルポピーの’ロイヤルウエディング’
去年は3輪しか咲きませんでしたが、今年は蕾がいっぱいついてます。

■写真が多いのでここから下は折りたたみます。 続きを読む