11/7-いとしいひと

2018/11/07(水) 晴/曇 +6.9→+11.2
………………………………………………………………………………………………
札幌にホセ・カレーラスが来ると知って、ネットの先行予約でチケットを入手。
それから5ヶ月。大事なチケットを失くさず忘れず、ドタキャンにもならず
本日無事開演と相成りました。

開場前から、長い人の列。年齢層高めです。

先行予約したおかげで、前から4番目の席でした。
チケットが届いたとき、中央ブロックじゃなくて残念と思いましたが、
立ち位置がピアノの右寄りで、絶好の位置でした。


登場した時は、想像していたより小柄で、弱々しく感じましたが、
歌い出すと、さすがに素晴らしい表現力と情感豊かな声に引き込まれました。
2曲歌うごとに袖に下がり、数分インターバルをとるというスタイルで、
1部と2部で9曲ずつ計18曲、だんだんドラマチックにエンジンが掛かり、
最後の「彼女に告げて」は、さすがの声量で歌いきり、
雷に打たれたような心持ちで、拍手も忘れました。

袖に引き上げていく、カレーラスを見て、あ、今のが最後の曲だったんだ、
スタンディングオベーションしなかった、と遅れ馳せに立ち上がり
周りを見ると、みんな同じような経過だったようで。
のそのそ立ち上がりやがて大きな拍手になりでした。

グラナダやカタリ・カタリがなかったのは、ちょっと残念でしたが
2時間以上、18曲も歌ったうえに、アンコールも4曲
手抜きせず、全力で歌ってくださって感激でした。

年齢なりに声量は落ちているのでしょうが、それでも充分素晴らしいです。
1曲だけ、舞台後ろの席の方をむいて歌ったときに、気づきました。

LEGENDには、なんであんなに声を張り上げて歌うのかわからんとか言ってたおとさんも
カレーラスの歌には最初から最後まで聞き惚れたよう。(比べるほうが間違えてるか(^^ゞ)
札幌まで来てくれたおかげで、良い体験できました。
ドミンゴならもっと良かったのに、とか思ってて、ごめんなさい、です。

11/2-アイーダ

3日遅れの報告ですが、
今季のMETライブビューイングが11/2から始まったので、
初日の2日(金)に、観てきました。
札幌の上映館は、ステラのシネマフロンティア。

小さいスクリーンで音響もイマイチでしたけど、
ネトレプコのアイーダはとっても良かったです。

つい一ヶ月前にNYのメトロポリタン劇場でかかっていたものが、
もう、全世界同時上映で観られるのだから、良い時代になったものです。

でも、やっぱり一般的ではないせいか、上映は1週間で10時からの1回きり。
前の方の5列を除きほぼ満席でしたが、オーバー60と思しき人がほとんど

アイーダは、最近、1989年の(ドミンゴのラダメス)DVDで観たのが初で、
それでも感激しましたが、やっぱり家庭のテレビのサイズで観るよりは、
映画館にしては小さいとはいっても、劇場で見るのは迫力ありました。

舞台セットの巨大さや、舞台上の人の多さ、本物の馬まで登場して圧倒されます。
マイク無しでも無理なく通るソリストの歌声、衣装の素晴らしさ
端役のバレーダンサーたちもうまくて、総合芸術といわれるオペラの本領発揮。
あっという間の3時間45分でした。(途中で2回休憩があります)

合間に、METの関係者や出演者へのライブのインタビューや
セットの仕掛けを見られるのも楽しかったです。
これも、映画ならでは
*インタビュアーは、美人でスリムなソプラノイザベル・レナード、
1月に上映予定の「マーニ」(あのヒッチコックの!)の主役

膨大な人的資源、そしてお金をつぎ込んで紡ぎ出されるオペラの奥深さ。
生ではなかなか観られないけど、ライブビューイングでやってくれるおかげで、
しばらく楽しめそうです。

スケジュールは次のとおり、上映期間は1週間と短かいので、
興味とタイミングがあえばぜひ。

・ヴェルデイ「アイーダ」 11/2~11/8 10:00~1回のみ
・サンサーンス「サムソンとデリラ」 11/16~11/22
・プッチーニ「西部の娘」 12/7~12/13
・ニコ・ミューリ「マーニ」 2019/1/18~1/24
・ヴェルデイ「椿姫」 2/8~2/14
・チレア「アドリアーナ・ルクヴルール」 2/22~2/28
・ビゼー「カルメン」 3/8~3/14
・ドニゼッティ「連隊の狼」 4/12~4/18
・ワーグナー「ワルキューレ」 5/10~5/16
・プーランク「カルメル会修道女の対話」6/7~6/13

10/29-ゴミ関係その2

2018/10/29 曇一時雨→晴  +6.5→+14.4
………………………………………………………………………………………………
残っていた、燃やせないゴミを、破砕ゴミ(プラスチック製品や金属)と、
埋め立てゴミ(食器、ガラス系)の収集場所に持ち込んできました。

この埋め立てゴミの持ち込み先が、手稲の山口というところで、
ほぼ銭函(札幌と小樽の境界線)。
出かけた時はお天気が良かったのですが、到着と同時に雨が降り出し。

入り口の受付から、だいぶ離れたところにゴミの受け入れ場所がありました。
随分前にここを埋め立てして、一大公園を作ろうという計画があったようですが、
埋め立てゴミがなかなか集まらず、公園計画はどっかに行っちゃったようです。

こんな広大なところに、ぽつんとひとり、案内棒を振りながら
受け入れ係の人が立って待っていてくれました。
入り口からの連絡があってから待機小屋からでてくるのでしょうけれど、
海が近いところなので寒い風と雨の中でお待たせして申し訳なく。
夫も同じ思いだったようで、こんな少しの量で申し訳ないんですが、
収集日に不在なものでというと、いやー気にしないでくださいとニコニコ
けっこう年配のかたで、再任用なのかな。
寒いから早く小屋に戻ってくれるといいのに、
帰りも車が回るところまで、きちんと見届けてくれてました。

おとといの篠路工場も、先に行った発寒の破砕工場も
ここの山口の人たちも、出会った人は、みんな気持ちの良い人で、
言葉かけも優しく、やっと厄介ゴミが片付いた安堵感と相まって、
なんだかとってもよい出会いをしたような余韻に浸って帰ってきました。

下が火山灰のところに雨混じりで、車はどろどろになりましたが、気持ちは晴れ晴れ。

明日、冷蔵庫、ソファー、レンジ、整理ダンスを貰ってくれる人が来て
明後日の個別収集にお布団や椅子を出したら、大物はおおよそ終了。

今日の破砕ごみは前回と同じく80キロで1,600円、
埋め立てゴミは30キロで600円でした。

10/27-回収業者にご用心

2018/10/27(土) 雨→晴れ +11.8→+19.8
………………………………………………………………………………………………
今日は午後2時に大型荷物回収の日でしたが、お昼すぎまで土砂降り。
おとさんのスマホは、10分おきくらいに、飛び上がるほどの警告音出してくれるし
(札幌の南の方の崖地近辺に避難警告だったらしい)
ハラハラでしたが、1時過ぎに雨が上がり晴れてきたので一安心。

予定より20分ほど早く、回収業者より到着したとの電話。
先におとさんに行ってもらい、軍手やお金を用意して一足遅れで
エレベータを待っていると、「ちょっと話が違うみたいだよ。」
とおとさんから電話。
部屋に行くと、見るからにチンピラヤクザな顔つきの男が4人いて
挨拶したけど、ぶすっとしてて何やら不穏な空気。

中で一番体格のいい、眉毛の薄い若い男が、
会社がどういう見積もりしたかわからないけど、
この荷物の量じゃ、4万はおろか、10万は超えてしまうとのたまう。
特に、ビニール袋のゴミは予定に入っていないとのこと。

「え?荷物の量は、きちんと伝えてますよ。
雑多なものが入ったビニール袋も30袋以上あると言ったら
積めるだけ積みますから安心してくださいと言ってましたよ」
というと、
札幌市の分別にあっていないゴミは持っていけない。
車も大きいのを借りてきたので、差額が発生している、
とわけわからんことを言い張り

顔つきも態度もいかにもチンピラだから、一瞬怯みかけましたが、そこはそれ
若いときに某商社の支店付きだったときに、右翼やヤクザや赤新聞などと
日々にこやかに(?)渡り合ってきて鍛えられてる私(笑)。

伝家の宝刀で、まずはさりげに夫の前職を現在進行系のように伝え、
その人が大丈夫と言っているので、問題はないはずですよ。
(後ろで夫が、オマエそれは、とかモゴモゴ言ってましたが無視/笑)

相手が、ちょっとひるんだところで、トドメに、
あなたの会社とのやり取りも、紙の見積もりがないので、
念のために録音したんですが、お聞きになりますか?
と優しく、にこやかにいうと、相手の顔がひきしまり、なめた態度も改まり(笑)
廊下に出て、どこかとしばし電話。

戻ってきて、「会社と行き違いがあったようなので、4万円で積めるだけ
積ませてもらいます。ただ、袋に入ったゴミは、持っていけない」とのこと

「いいですよ。大きな家具だけでも持っていってもらえれば助かりますから
よろしくお願いします」と頭に乗らず、譲歩した私。

見ていると、プラスチックの引き出し容器でも、キャスターが取れているのは
パスして、ちゃんとしたのは持ち出している。
椅子も、キャスターが付いた事務所用なのは持っていたけど、
古びた食卓イスはパス。
なるほどね。
廃棄業者を名乗っていたけど、リサイクル業者のよう。
だからゴミの袋を持っていきたがらなかったのね。と納得。

この業者は、ネット検索で見つけたのですが、
掲載されていた電話番号にかけると、音声応答で案内があり、
郵便番号を入れると、現地に近い業者から折り返し電話が来る仕組みでした。

電話をかけてきたのは、事務員らしからぬ軽い感じの喋りの女性で、
ひょっとしたら不法投棄やふっかけ業者かもしれない、と
一抹不安があったのですが、当たらずとも遠からずだったようで。

それなら最初から頼むなよ、ですが、なかなかいないんですよ。
大型ゴミを1階まで下ろしてくれる業者はいても、
そこそこの料金で積み込みして持っていってくれるのは、
だいたい似たり寄ったりの怪しさ。
いわゆる、遺品整理、ゴミ屋敷片付け系統

それにしても、絵に描いたような、チンピラ外見君が来るとはね。
さすがの私も、ちょっと焦った(笑)。

というわけで、大物は片付いたし、残ったプラ容器や椅子や布団は、
有料シール貼って、次の水曜日に回収してもらうことにしましたが、
問題はビニール袋詰の「燃やせないゴミ」x30個。

札幌市は月に1回、有料袋での回収があるのですが、
11月はちょうど台北行き中。
その次の12月中旬の回収日まで、車庫に置いておくスペースもなく。

(中途半端なものを積んでいるだけでこんな状態。
もうじき、ここに庭家具をしまわなくちゃいけないし)
そうだ、ゴミ処理場に自己搬入って手があったね、と調べると、
土曜日も4時までやっているとのこと。
時計を見ると3時。
よし行くぞ、とおとさんに荷物おろし頼み、私は車の後ろ座席を倒して
汚れ防止のシート敷いて、急ぎ二人でせっせと積み込み

(半分積んで満杯。残念)家から20キロ位離れた処理場へ。

はじめて行きましたが、きれいなところで、ゴミの臭いもなく、
入り口のところに車体の重量図る物が埋められていて、
ゴミを下ろして、戻る時の重量との差で、ゴミの量を計算する仕組み。
10キロ200円で、1,600円だったので80キロあったよう。
こんなに簡単なら、もっと早く持ってくればよかった。
というわけで、残りは月曜日に持ってくことにしました。

10/13-アイーダと3テナー

2018/10/13(土)晴れ +11.0→+18.3

……………………………………………………………………………………………… 
久しぶりの音楽話。調べてみたら、2013年のネトレプコ話以来、なんと5年ぶり
つい2~3年前のような気がしていたのに、5年も経っていたとは?!ちょっとショック
今の毎日は、戴いた宝物のようなもの、ぼーっと過ごしていてはいけないですね。
もっとあれこれ楽しまなくては!

というわけで、気を取り直して。
良いもの見っけのDVDとCDの紹介を。

まずは、ヴェルディのオペラ「アイーダ」のDVDです。
おとさん指定のレヴァイン指揮のメトロポリタンで探しました。@Amazon

1989年10月にメトロポリタン歌劇場で行われた歌劇「アイーダ」をDVD化したもの
(2006年11月22日に発売した商品のアンコール・プレス)
日本語字幕オン・オフ可。日本語の解説付き。しかも値段は送料込みで4,050円!
中古ですが、よく残っていたと、さっそく購入。(届いてみたら未開封の新品でした)

ラダメスは、もちろん、プラシド・ドミンゴ!
第一幕の巨大な石像にまず圧倒されましたが、それより圧巻は第二幕の凱旋行進曲のシーン
人が次々わいてきて、本物の馬まで出てきちゃうんですから、さすがMET、圧倒的な迫力。
(最近の、舞台にあるのは石とか家具だけ、歌手は普段着のオペラは観る気がしない)

歌手陣も素晴らしいです。
一番脂が乗っていたと思われる40代のドミンゴは特に素晴らしくうっとり。
アイーダ役のミッロ、出てきたときは、外見のゴツさに?!でしたが(失礼)、
なんともすばらしい声と歌唱力にどんどん引き込まれ。
観客と一緒に、家でも思わずスタンディングオベーションでブラボーの嵐でした(笑)。
生では観ることができないMETの舞台とこの歌手陣。
DVDが手に入ってよかった!

車の中でも聴きたいと、同じ舞台のCD(ハイライト版24曲)も買いました。
こちらも中古しかありませんでしたが、送料込みでなんと452円!

アイーダを探している時にこれを発見

言わずとしれた、3大テナーのパヴァロッティ、カレーラス、ドミンゴの3枚組CD


パヴァロッティが20曲、カレーラスが18曲、ドミンゴが14曲
どれもこれもハズレ無しの名曲ばかり、しびれます。
こんなにたくさん入ってて、新品で1,780円とは、涙がちょちょぎれます。

パヴァロッティは、「ザ・グレイテスト・ヒッツ50」も 持っていますが
伸びやかな声でBGMも疲れません。
ドミンゴは、3人の中では一番の贔屓ですが、BGMではなぜか30分が限界。
好きなあまりに耳が聴きに行ってしまうからかな(笑)。
兎にも角にも、こんな価格で、至福のひとときが手に入るのですから良い時代です。

*11月、METライブビューイングが始まります。
1回目はネトレプコの「アイーダ」楽しみです。