9/18-着物4回目

2018/09/18(火) 晴れ→曇り +16.8→+24.6

………………………………………………………………………………………………
今年に入って、4回目の着物。着物熱なかなか再燃せず。
でも、せめて月に一度は着ないと着方忘れてしまいそう。
今月は単衣(裏のない透けない着物)の月。
単衣は6月と9月ですが、夏の終わりの9月は、ちょっと温かい色を着たくなります。
と言っても数を持っていないので、9月はたいていこの着物

シャキッとした紬(秦荘紬)なので、ヘタな私の着付けでも崩れにくくて着やすいです。

帯は今日はじめて下ろす八寸。相良刺繍で果物盛り合わせ。
単衣限定のものらしいです。

3年くらい前に奈る美さんで、長い在庫だからと2万円くらいで5本だけ放出したとき
ボサボサ見ていたら、回りにいた人にあっというまに4本持ち去られ(笑)
この果物柄が残ったのです。・・象柄が欲しかった~~~
気乗りしなかったけど、こんな値段では2度と手に入らないと言うので買っちゃったーの帯。
あらためて見ると、なかなか面白く、象さんや花柄よりより、これでよかった。

絽の帯揚げと、冠の帯締めを合わせました。

半襟は紗、足袋は麻、扇子は川下り柄と、夏混じり。

首と手にも夏の名残り(笑)

9/17ーケアレスミス

2018/09/17(月) 晴れ +17.9→+26.2
………………………………………………………………………………………………
地震直後、厚真の火力発電所、3基同時ダウンで全道一帯が停電になった、
ではなく、実は、1号機は稼働していたのに、全部ダウンと勘違いした
現場職員が止めてしまったという話。
確かに、地震直後、揺れが止まった後、家の辺りは30分位は点いていたから
全部同時ダウンではないといえばそんな気もする。

本州からは送電可能だったのに、すぐに受けられなかったのも、北海道側が、
周波数の違いを修正していなかったという、全くもってのんきなミス。

これらのことは、一部新聞が報道しただけで、肝心の北電はそれには触れていないから、
真偽の程はわからないし、それを責めようということではない。

人はミスしたり、うっかりしたりするもの。
それを前提に考えないとね。
それだからこそ、泊の原発が止まっててよかったと思うわけで。

それを、地震直後に、泊が動いていたらこんな事にならなかったという
発信をした若い人が少なくなかったことに、ちょっとがっかり。

目先の利益や、表面だけを見て、根源の問題を見ようとしないバカモノ、
もといワカモノ、君たちが将来その荷を背負うことになるのだから、
ま、苦労したまえというしかない。

今更ですけどね。
腹膨るる思い、ちょっとひとこと。

9/11-ニセコへ

2018/09/11(火) 晴れ +11.0→+20.5

………………………………………………………………………………………………
お天気に誘われて、ニセコまでドライブしてきました。
そろそろ紅葉始まっているかなで、中山峠経由も考えたけど、
体力温存で、札樽バイパスを朝里で降りて、赤井川経由で行きました。

お天気が良いので、羊蹄山が撮れるかな~と、コンデジの他にM3と長いレンズも
持っていったのに、両方共なんたるコッチャのバッテリー残僅かで予備もナシ。

というわけで、数枚しか撮れなかった中から選びようもなく選んだ写真で。

左手にちょっと羊蹄山が見えてきました。
道端にはすすきがたなびいて、山の木は一部紅葉が始まってました。

電線邪魔ですが、羊蹄山です。左の畑は、じゃが芋です。花が咲いてました。

倶知安(くっちゃん)の町に入ったら、まずは、懐かしき末武さんへ。
ここのガトーオノワというお菓子がおいしいんですよ。
(クッキーでキャラメルクルミをサンドしたいわゆるエンガティーナ)

ニセコに通っていたころ、よく買いに来ました。20年ぶりくらいかな。
お店の奥さん曰く「今やニセコは、外人さんだらけで、私達のほうが外人のよう」とのこと。


ランチは、おとさんがporocoからチョイスした、杏ダイニングへ
「KI」というホテルの1階にありました。

入り口回りにあったこんなオブジェも外人向け?

建物を背に振り返ると、羊蹄山が正面。
ヒラフのゴンドラは左手ちょっと上。テニスコートの茂みの向こうは泉郷
この辺りは、以前は山だったところ、木を切って開拓したようです。
*食事写真は、晩ご飯のページ

道沿いには、ペンションやアパートが立ち並び、
静かな別荘地だった泉郷は、混み合った住宅街になっていたし
昔は、2-3件の飲食店があっただけのヒラフ近辺の国道沿いは、
中華やピザ、焼き肉、寿司などなんでもあって街なかのよう。
たった1人のオーストラリア人の発信で、すっかり都会化したニセコ。
良いのか悪いのか。

というわけで、様変わりしたヒラフをあとに、温泉に入っていこうかと
隣町の蘭越の「雪秩父」へ。

駐車場には車が1台あるっきり。おお空いている!と勇んで入ろうとしたら、
中から出てきた青年が「今日は定休日です~」と教えてくれました。あら残念。
「この先の五色温泉もいいですよ」と関西弁のその青年。
蘭越町でガイドをしているとか。ありがとうーと五色温泉へ。
おとさんは、40数年ぶり。私は初めて。
入った時はお客は私達だけで、奥のカラマツの湯に入りましたが男女とも貸切状態。
山がすぐ前の露天風呂を独占で気持ちよかった~。
30分ほどで出てきましたが、2時間位ポカポカしてました。

ニセコの道の駅で、あれこれ野菜を買って

みかんちゃん路線で、余市の柿崎商店で晩ご飯と思ったけど、
余市へ回る元気が残ってなくて、赤井川の山中牧場で、ソフトクリームを食べて、
小樽の庄防番屋で、晩ご飯食べて、札樽バイパスで帰宅。
ああ、ニセコは遠かった。
昔は中山峠経由でも近かったけどね。年だ(笑)。

8/28-着物3回目

2018/08/28(火) 晴れ +17.5→+23.3

………………………………………………………………………………………………
4月12日以来4ヶ月半ぶりの着物外出でした。
ついでに、ここの更新も20日ぶりになってしまいました。(^^ゞ

今日の札幌は涼しいくらいの気温で、洋服なら長袖でしたが、
着物の8月は、夏物(透ける単衣)の月なので、
紋紗(透ける紗の着物に地紋が入っているもの)にしました。

帯は、何という種類でしょうか?よくわかりません。
透ける絹地に、織りで模様が入っています。

帯揚げは、白地に赤の飛び絞りの絽

着物は、気温に関係なく月によって着るものが決まっているという
合理的なのやら非合理的なのやらな世界ですが、
体感温度で迷わずに済むので、支度は簡単です。

一時、肩くらいで切り揃えていましたが、やっぱり長いほうが楽と
切らずにやや1年。
やっと自分の毛だけでまとめられる長さになりました。(肩下10センチ位)
………………………………………………………………………………………………
ランチはいつものすみれホテルで。
中華のセットにしました。

豚肉と椎茸とれんこんの黒胡椒炒めと辛い麻婆豆腐
これにコーヒーが付いて千円、個室料なし。駐車場は3時間200円。
ここを使うようになって10年近く経ちますが、値上がりなし。
お料理はおいしいし。なので、最近は一ヶ月前予約でもなかなかとれないようです。
ここで宣伝しすぎちゃったかしら(笑)

8/8-SX2のHDDをSDDに

2018/08/08(水) 晴れ +16.9→+27.4
………………………………………………………………………………………………
5年目のLet’s note「SX2CEQBR
液晶は、12.1インチと小さくワイドの16:9。老眼には作業しづらいサイズ。
でも、HDD750GBと大きく、メモリも8Gに増設しているので、
16:10の24インチのモニターにつないでデスクトップとして使っていました。

モニターとキーボード@hamix記事
外付けモニターを使う方法@hamix

これまでよほど高負荷の仕事をしない限り静かだったファンが
ちょくちょく回るようになり、内部清掃してみたけれど変わらず。
やっぱり冷却ファンの故障かな?と、レッツノートの故障受付に相談してみると
異音ではないので、ファンの故障とは考えにくいとのこと。

ちょっと安心したけどでは、熱が出ているから回っているわけで、
高負荷をかけていなくても、ファンが回るほど熱が出ているということは
その熱の元はHDDか?
5年目だからね。いくら丈夫なレッツでも、HDDはいつどうなるかわからないし、
ファンの交換を出す前に、ダメ元で、SSDに変えてみようかと、
システムごと移行する方法を検索。

■次の機会のために、手順を記録しておきます。

・SSDとそれを入れる外付けケースを用意
用意したSSDは、Intelの256GB Amazonで7,949円(安くなったよねぇ)
チャイナやコリアメーカーのとそう変わらない値段。
それならやっぱり信頼性と5年保証でインテルだなぁと。
ちなみに、Sx2(多分その後のも)は、HDDもSDDも厚み7mmの2.5インチがぴったり
それ以上厚みがあると入りません。

元のHDDは750GBですが、SX2は、今後モバイル用にすることになるし、
使用量は、システムやリカバリ領域入れても100GBもあればOK

これを外付HDDケースに入れて、USB接続で、ノートの中からSDDへ移します。

使ったケースは、前にVAIOのHDDのバックアップ用に買ったのがあったので
それを使いました。まだAmazonに売ってました。
(2014年の時700円で買ったけど今は1,200円!/笑)

・移行するソフトをダウンロード
ただのデータバックアップではなく、入れ替えたら起動するように、
OSやリカバリ領域ごとバックアップするので、クローンを作れるソフトが必要です。

あちこちで評判が良かったフリーのソフトの、「EaseUS Partition Master Free」は
バージョンが変わったせいか、私は2回トライして2回とも失敗(削除して再度を2回)。

移行先を見たら、ドキュメントの中からファイルが表に出ていたり
肝心のWindowSシステムが移動していなかったり。
起動させていませんが、だめそうなので却下。
ソフトのダウンロードだけで1時間近くかかったのにがっくり。

結局、同じ会社の製品ですが、「EaseUS Todo Backup」で成功。
これもフリーソフトです。
記憶媒体の容量が、コピー元よりコピー先が小さくても大丈夫。
リカバリ領域付きなどのパーテーションも自動的にやってくれます。

SSDの初期化から、EaseUS Todo Backupでのクローン作りは
このサイトの「SSDを初期化から下の記事」を参考にしました。

ただし、私がダウンロードしたものは、上記サイトの写真のインターフェースとは
ちょっと違って、アイコンに日本語のタイトルナシでしたが、
アイコンにオンマウスすると、出てきました。

ちなみに、かかった時間は「EaseUS Todo Backup」のダウンロードは20分位。
PCからのデータ出しは、1時間半くらい(110GBくらいの量)

・内蔵HDDを出してクローン化したSSDと交換

SX2からHDDを引っ張り出す方法は、分解工房さんのこのページを参考にしました。


入れ替えて立ち上げたら、SSDから起動して、自動的に再起動。
ドライブも認識されていて、問題なく使えるようになりました。

で、起動の速さは笑っちゃうくらい。
これまでスイッチオンから使えるようになるまで(HDDの読み込みが終わるまで)
5分近くかかっていたのが、5秒位でOKです。
ブラウザの表示も他ページへの移動も瞬速。
CPUやメモリを1ランク上げたような体感。
SSDは、HDDと違って、回転する部品がないのでカリカリ音もないし、
発熱が少ないせいか、ファンの音も心なしか、静かになったような。

重さを量ったら、これまでSバッテリー(9時間)をつけて1,19キロだったのが、
1.143kgと50gですが軽くなっていました。(^^)

メインは去年買ったCF-LX5(これは最初からSSD)にして、SX2はオークションに出して、
モバイル用にタブレットでも買おうかと思っていたけど、
使いやすいのは、やっぱりノートPC。
SX2には、バッテリーもACアダプターもLとSがついているし。オフイスも入っているし。
手放すのはもったいない。
タブレットよりかさばるし重いけど、キーボードとマウスが使えるのは楽ちん。
Windows7のサポートが切れる2020年まで、大事に使おう。