■HAMIXーDiary2020年

その日あったこと、考えたこと、更新情報など、何でも記録のページです。


[HOME] [WPフォーム日記2016-2018] [19年] [ワード検索] [管理用] [新着]
1.new10/31-今日の庭 new10/27-冬迎え直前 +2 10/21-ヒヨちゃん再来 +10 10/18-庭遊び 10/14-モンスター
2.10/5の庭 10/8-9月の庭・その4 10/3-9月の庭・その3 9/29-9月の花-その2 9/29-9月の花その1
3.9/12-リメイク2 9/12ーリメイク1 9/6-残暑の味噌作り実験 8/31-鮭の粕漬け 8/30-8月雑感
 新着の期間  [全ページの表示]  [目次OFF]  [新着一覧
new 10/31-今日の庭  2020/10/31(土)晴れ+7.2→+13.4 No.229


来週の火曜日には、札幌にも初雪が来るらしいので、
やっと踏ん切りつけて、背が高いものから順に切りました。
229_1.jpg  : 132 KB
サルビア・アズレア
夏からずっと咲いてました。花が大きく、遠目にも目を引く良い色です。
植えたのは3株でしたが、背が高くボリュウムもあったので存在感ありました。
耐寒温度がマイナス15度なので、たぶん札幌でも宿根すると思いますが、
ダメだったら、来年も買いましょ。330円はお買い得!→おぎはら植物園

229_2.jpg  : 222 KB
これも春からずーーっと咲き続けているマーガレット(栄養系)
このピンク混じりと、クリーム色とちょっと濃いピンクの3株買いましたが、
どれもまだモリモリ。一抱え位ある大きさでこんもり丸く咲いて良い形
北海道では露地で越冬しないので1年草扱いですが、
この価格(780円@トリム)で充分すぎるほど楽しませてくれました。
根雪になるまで、このままおいておきます。
229_3.jpg  : 73 KB
ミニバラのスイートチャリオット。(2019/6、コテージガーデン@月形で購入)
素敵な色でしょう?ミニバラには珍しく香りも良いんですよ。
春から絶え間なく咲いていますが、そろそろ終了させねばです。

*ミニバラの冬支度@うちの場合
10センチくらいの高さに切って、ひとまとめに縛り(雪折れしないように)
根元に、牛糞堆肥のお布団をかける

229_4.jpg  : 100 KB
ベニカノコソウ(セントランサス)
これもまだポチポチ咲いてます。目を引く良い色です。
耐寒温度が−8℃〜−12℃なので、札幌では越冬しないかな。
草丈40〜60センチで直立するはずが、うちの庭では
寝そべって広がり支柱必須でした。なので、来季は購入なし。
229_5.jpg  : 103 KB
これは来季も忘れず買いましょの「ニコチアナ」(イソトマも)
1年草ですが、ボリュームがあって姿が乱れず秋遅くまで咲いてくれる優等生

229_6.jpg  : 124 KB
秋色になってきた、ミニノリウツギのリトルライム
水無月、大きなノリウツギも、良い色になってましたが、
今日、花を全部カットしました。
229_7.jpg  : 56 KB
ツリバナは、葉っぱがほとんど落ちました。
229_8.jpg  : 230 KB
白樺は、まだ黃葉中
229_9.jpg  : 272 KB
宿根草の花は、水に挿してしおれるまで楽しみます。
(白フジバカマ、メキシカンハット、サルビア・アズレア)
メキシカンハットも長いこと咲いて楽しませてくれました。
耐寒温度が-15℃〜-25℃なので、たぶん札幌でも宿根すると思いますが、
330円x2株(@おぎはら植物園)で、このボリュウム
7月からずーっと咲き続けてくれたので、1年で終わったとしても充分。又買います。

オマケ・こんな格好でやってます。
229_10.jpg  : 73 KB
カッパの下は、シャツ、ヒートテック、デニムのスモック
下もヒートテックに、厚手のパンツ。その上この帽子ですから、
気温10℃くらいまでなら、5時間位外にいても平気です。
ちなみにこのカッパ、上下で980円でした。@ジョイフルエーケー(^o^)
帽子はAmazonで1,780円。全部分解できて便利です。


カテゴリ:庭・園芸






new 10/27-冬迎え直前  2020/10/27(火)晴れ一時雨/曇+6.6→+14.1 No.224


一昨日(25日)の庭の様子です。
今週中には、バラの葉っぱ落としを終了して、
来週いっぱいで、宿根草の地上部をカットする予定なので、
まだ緑が残ってるうちにと写しました。

224_1.jpg  : 300 KB
秋の植物が多い西の車庫裏花壇
水無月の花が紅くなり、ススキの穂がやっと開いてきたところ
224_2.jpg  : 262 KB
柏葉紫陽花やドウダンツツジの紅葉が始まったばかり。
224_3.jpg  : 239 KB
玄関横のボーダーは、小さいバラや1年草がまだ元気
*床下換気口は閉めました。^^
224_4.jpg  : 260 KB
テラス下の小道。ギボウシが枯れ始めてます。
左側の花壇は、これまで半日陰の植物ばかりでしたが、
南側が開けて1年。様子がわかったので、配置換え中
224_5.jpg  : 254 KB
小屋の横のレイズドベッド花壇
ここも抜いて鉢上げしたり移動したりで、来年に備えてます。

224_6.jpg  : 267 KB
南の入口のジューンベリーのところ
まだ、マーガレットがもりもり元気ですが、
こっちでは冬を越せないので、1年草扱いなのが残念。
ジューンベリーの根本に植えていた、クレマチスの「デュランディー」は
ジューンベリーの根に絡まれないうちにと鉢上げしました。
ナツツバキの根本に植えて懲りてたはずなのに、学習しないおバカな私。
224_7.jpg  : 215 KB
小屋テラスの正面。ここの塀際の「キャロライン」「フルディーン」も
来年のレイアウト変更に備えて、「取り敢えずの鉢上げ」しました。
どれも新梢咲きなので、移動可能で助かります(多少はダメージありますが)
小屋土手のマーガレットは鉢にして、寂しくなった場所埋めに
224_8.jpg  : 176 KB
まだいっぱい咲いている「パールメィディランド
このあと、花と葉っぱをカットして鉢に上げました(来春移動予定)
224_9.jpg  : 100 KB
ブラッシュノアゼット」もチラホラ
224_10.jpg  : 55 KB
これは、「トゥルーラブ
背丈は小さいですが、大きな花をいっぱい咲かせてます。
これも、このあと花と葉っぱをカットして鉢にしました(来春移動予定)
224_11.jpg  : 245 KB
南の突き当り。ここも秋の花がいっぱいですが、徐々にカット中
ここからは、原種系バラの「ニチダ」を鉢あげ。
空いた場所には、来春「シャンテロゼミサト」か「ブラッシュノアゼット
を移動しようかなと考え中。
224_12.jpg  : 142 KB
カットしたバラは、玄関の風除室へ。良い香りでいっぱいの晩秋の楽しみ。
左のピンクは「クィーンエリザベス」
その手前の白い花は、茎が折れちゃった「ニコチアナ(花タバコ)」
小さい白っぽいのは「ブラッシュノアゼット」と「クィーンエリザベス」
右の花瓶は、パールメィディランドとトゥルーラブとシャンテロゼミサト




new Re: 10/27-冬迎え直前  投稿者: 投稿日:2020/10/28(Wed) 22:14 No.226-1


はるみさん
私の年中草取りより大変な北海道の庭作業です😰
こちらでは滅多に鉢に上げることないです。

切り花 優しい色ですね。

腰痛めないように気をつけてくださいね💕




new Re: 10/27-冬迎え直前  投稿者: はるみ 投稿日:2020/10/29(Thu) 21:46 No.227-2


彩さん
鉢げは、今回だけ特別。
これまで、こんなに日当たりが良くなかったのでね。
ひと夏過ごして、日当たり具合がわかったら、色々動かしたくなってね。
こんな良い場所に、これより、こっちを植えてやろうとか、
でもぱっと決められないので、「取り敢えず鉢」なのよ。
人間の勝手で移動させられる植物もいい迷惑だと思うわ。^^;

暑い地方で真夏の草取りは、拷問のようだわ。
草取りは、涼しい格好でできないし。
こっちとは気温も湿度も違うし、虫がいるし(たまに蛇も?^^)

それに比べたら、鉢上げするくらいへのカッパ。
土を作るときは、お風呂の椅子に腰掛けて、ママダンプの壊れたの使って
日陰でチンタラ、鼻歌交じり

スコップで掘り上げる時、ちょっと力使うくらいで、
運ぶのは、台車とか、キャスター付き台座を多用してるし。
こういう仕事大好き。おとさんにもやらせたくない(=^0^=)

昨日も、クィーンエリザベスを掘り上げて、30センチ位移動(地植え)して
パールメイディランドを鉢上げして、念力掛けた(笑)。

今日は寒かったし、母の用事で数時間潰れたので、庭は休んじゃった。
明日は午後から冬タイヤに取り変え、明後日は、義妹たちとご飯の約束があるので、
明日午前中にバラの剪定しておかないと。
とか言いながら、このバタバタが楽しくて楽しくてなんだよ。(=^0^=)






10/21-ヒヨちゃん再来  2020/10/21(水)晴→曇+5.5→+18.7 No.209


昨日、庭のバードフイーダーに、ヒヨドリがやってきました。
4月の初め以来、ほぼ半年ぶりだったので、
見つけたおとさん、静かに大喜び。

窓ガラス越しに、そっと覗いていたら、
ご飯はそこそこに、小道の水場に舞い降り、ジョウロの水を飲みはじめました。
こんな姿を見るのは初めて。

餌場は、スズメ用のパンだけだったので、
果物好きなヒヨちゃん、乾き物で喉が乾いたのかな。

慌てて撮ったので、肝心のヒヨちゃんがボケてますが、可愛い姿を

209_1.jpg  : 71 KBView Exif 209_1.jpg
お水、あったあった
209_2.jpg  : 78 KBView Exif 209_2.jpg
左の薄い緑のジョウロに止まってるのが見張り役
ちょっと見えにくいですが、
もう一羽が、右にある濃い緑のジョウロから飲んでます。
209_3.jpg  : 76 KBView Exif 209_3.jpg
飲み終わったかな?
209_4.jpg  : 79 KBView Exif 209_4.jpg
じゃ次、ボクね。
209_5.jpg  : 73 KBView Exif 209_5.jpg
見張り役がいないから、自分で見張りながら飲んでます。
209_6.jpg  : 65 KBView Exif 209_6.jpg
キョロキョロ
209_7.jpg  : 69 KBView Exif 209_7.jpg
気になって飲めない、気が小さいボク
209_8.jpg  : 1572 KBView Exif 209_8.jpg
やっぱり、帰ります。
明日は、果物置いておくからね。またおいで。

*ジョウロは3つ置いているのですが、一番小さいこの濃い緑のが
口が大きいので飲みやすいのかな。

209_9.jpg  : 62 KBView Exif 209_9.jpg
はなも、庭で遊んでいるときは、よくこのジョウロから飲んでいたし、→動画あり
たまに遊びに来る近所の猫もこれから飲んでます。

ちびっこたちに好かれてるちびっこジョウロ。
古びてるんですが、当分捨てられません。


カテゴリ:庭・園芸




< 6 件の返信記事を省略しています。 >


new Re: 10/21-ヒヨちゃん再来  投稿者: 投稿日:2020/10/26(Mon) 21:36 No.222-7


ブログ見ました。
チル、モモの老後と同じような子達ばかりでした。

あの子達が人間に何をしたというのでしょうね。。。
人間の身勝手さに何の罪もないあの子達が犠牲になってる。
虐待するなら最初から飼わなければいいのに。。。

でも、最後の犬生を優しい人達に囲まれ
仲間達と穏やかに過ごせて良かったです。

チルも小さい時から脱臼癖があり、
娘達が入れてくれたり、自分で上手に入れてました。
モモはヘルニア手術を一回したけど
年寄りになってから、あの子みたいにまたヘルニア出て来てかわいそうでした。
チルモモも白内障で真っ白になりあちこちにぶつかってました。




new Re: 10/21-ヒヨちゃん再来  投稿者: はるみ 投稿日:2020/10/27(Tue) 11:26 No.223-8


彩さん
見てくれたのね。ありがとう。
>人間の身勝手さに何の罪もないあの子達が犠牲になってる。
ほんとにね。
治療もせずに繁殖犬として働かされてた子たち。
かわいそうで、胸が痛くなったわ。
資格もなく、ただ商売道具として犬猫を使ってる人間、許せないよね。
ペットショップが諸悪の根源だわ。

預かりさんは大変だと思うけど、環境も素晴らしくて、
あそこに引き取られた犬たちは、幸せだわ。

老犬はなかなか引き取り手がないから、預りさんの負担もあるので、
ゆくゆくは、老犬ホームを作る計画があるようです。
それが1日も早く実現するように、
微力ながら、応援できたらと思ってます。




new Re: 10/21-ヒヨちゃん再来  投稿者: 投稿日:2020/10/28(Wed) 21:15 No.225-9


老犬ホーム出来たらいいですね❣
お世話は大変だけど老犬さんたちは幸せな老後が過ごせますね。




new Re: 10/21-ヒヨちゃん再来  投稿者: はるみ 投稿日:2020/10/30(Fri) 21:37 No.228-10


だよね。
犬にしてみたら、やっと安心できるとこに行き着いたと思ったら、
又別のとこ(里親のとこ)に行くって、落ち着くまで不安だろうしね。

子犬ならすぐ馴染むし、先が長いから、新しい家族とのほうが
長く過ごすことになるだろうから、問題ないだろうけど。

里親が高齢者だと、高齢犬や高齢猫と決められちゃうのもね。
最後まで面倒見るためには、そういう線引きも仕方ないことだけど、
人間も年取るほど、別れに耐性がなくなるような気がするし、
高齢の犬は、病院通いの可能性も高くなるだろうし、
引き取るのは、覚悟がいるから難しいわ。
私も、そこでつまづいちゃったもの。

高齢者は、在宅時間が長いので、
盲導犬のパピーウォーカーみたいな役割ができると思うけど、
1年と区切らず、飼えなくなるまで。
飼えなくなったときは、養育費つけて、元のとこに引き取ってもらえたら安心だし。
そういうシステムがあったら良いなと思うけど、そういうのは難しいんだろうね。





省略された記事があります。全部読むには返信ボタンをクリックしてください。

10/18-庭遊び  2020/10/18(日)晴れ+7.6→+18.2 No.201


今日は、風もなく晴れ渡って、暑からず寒からず。
恵みのような最高の庭日和でした。
おとさんはゴルフに出かけたので、ひとりゆっくり、
朝から日没までほとんど庭で過ごしました。

休憩中にふと見ると、こんなきれいな蝶々が来てました。
なんていう蝶かな。初めて見たような。
201_1.jpg  : 68 KBView Exif 201_1.jpg
花はスカビオサ。
201_2.jpg  : 84 KBView Exif 201_2.jpg
これは、「ブラッシュノアゼット
*蝶の名前は「アカタテハ」と判明

201_3.jpg  : 73 KBView Exif 201_3.jpg
ブラッシュノアゼット、まだポツポツ咲いてます。
201_4.jpg  : 51 KBView Exif 201_4.jpg
これは「トゥルーラブ
この時期でも、美しい花姿
そろそろ休眠させなくちゃなんですが、こんなにきれいに咲いているので迷います。

201_5.jpg  : 162 KBView Exif 201_5.jpg
西の花壇
ここはすっかり秋の風情です。

余談ですが、
重いもの持ったり、穴を掘ったり、以前のようにできてる自分に、
今でも気づくたび感動してます。
股関節を取りかえてもらって、ホントよかった。
あ、胸部大動脈もね。


カテゴリ:庭・園芸





省略された記事があります。全部読むには返信ボタンをクリックしてください。

10/14-モンスター  2020/10/14(水)曇/雨/晴+7.8→+17.1 No.198


うちの北側道路に植わっている街路樹のナナカマド
植えられて、たぶん40年近く。
一度も剪定されることなく、のびのび大きく枝を広げ自然な樹形が美しく。

近隣からの落ち葉の苦情により、無残に枝を伐採されて、
ゴツゴツとひどい樹形にされて、小さな植土でやっと生きてる街路樹が増えている中、
この通りのナナカマドは、限られた土の中とはいえ、自然な樹形のままでいられて、
幸せだなぁ、と思ってました。

春の芽吹きから、夏の前に咲く目立たぬ小さな白い花、
あっという間に結実するけど、赤くなるまではゆっくりゆっくり、
その間に紅葉が進み葉が赤くなる頃には実も赤くなり、全体が赤くボリュウムアップ。

初雪が来て、綿帽子をかぶった赤い実が冬の到来を知らせ、
餌がなくなった山から小鳥たちがやってきて、実を食べ尽くし、
黒い枝だけの姿になって雪に埋もれ静かに春を待つ。

そんな、北海道らしい四季折々の姿を見せてくれるナナカマドが
階段の窓と、私の机の前の窓から見える絶好な位置にあるので、
毎日自然と目に入り、庭の木よりも、親しみを感じてました。

今日もいつものように、何気なく窓越しに目をやると、クレーン車の箱が目の前に。
電線の修理かなと思いきや、ヘルメットをかぶった作業員が、
チェーンソウで、ナナカマドの枝の伐採をしてるではありませんか。

ついさっきまで、紅葉しかけの葉っぱが茂っていた木は、
高さが2/3くらいになって、枝先を切られてスカスカ状態

慌てて外に飛びだし、作業してる人に切るわけを尋ねると、
近所の人から、この大きな街路樹のせいで、街路灯の明かりが
ゴミステーションに届かず、不法投棄を防ぐために切ってほしいと
依頼があったとのこと。

確かに、剪定されたナナカマド2本は、街路灯とゴミステーションの間にあるけれど、
街路灯(うちの入口前にある)と、ゴミステーションの距離は20mくらい。
枝を切った所で、届く光量がそう多くなるとも思えず。

それに、ゴミステーションのすぐ後ろには、マンションのエントランス灯が3灯
向こう5mくらいのとこには、某ピザチェーンの電灯入りの大きい看板と
お店から漏れる光もあり。

ゴミステーションの真向かいの道路際にも街路灯があり、
その向こうはスーパーの駐車場を照らす灯りもあるので、
20m離れた街路灯を頼らずとも、夜でも明るすぎるくらいの一角。

ナナカマドが、明かりを遮切っているかどうか、そのゴミステーションが
実際はどんな具合なのか、暗くなってから来てみたら、すぐにわかるはずなのに、
たった一人のクレーマーの言うなりに、
税金使って、こんな無駄で虚しい仕事をするとは。

ナナカマドはもうすでに切られてしまったし、
経緯を聞いたら、腹が立ちすぎてめまいしたので、引っ込みましたが、
うっかり係員のおかげで、ナナカマドクレームを出した人が判明。

引っ越して来て10年近く、町内会費収めるのを拒否してるジーさんでした。
町内会費も税金も払ってないのによく言うわと脱力。

全く、今の時代はこんなことばかり。

嘘だろうとなんだろうと「言ったもん勝ち」「やったもん勝ち」
が多すぎて嫌になります。

「池袋暴走じじい」しかり「フェイクコロナトランポリン」しかり
「前例踏襲を打破するオバケに取り憑かれた偏差値30ヅラ揃いの某国政府高官」しかり

のさばる厚顔無恥の老人だらけ。

ああ、やだやだ

おっと、私もそろそろその仲間?
気をつけよう。

カテゴリ:雑感





省略された記事があります。全部読むには返信ボタンをクリックしてください。



■ カテゴリ ■



■ 過去ログ ■


[直接移動] [先頭] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14]
投稿画像の表示サイズを変更できます
処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto -
- i-mode改 - - resize.pl - - ExifInfo.pl -
- Tomo_20090110-tomo : Edit by tomokun - - 携帯対応 -