5/10-鶏南蛮

久々の自家製うどんで■鶏南蛮(鶏もも・舞茸・椎茸・焼きネギ)
■千種和え(大根・セロリ・人参・きゅうり・カニカマ)

粉は、ずっとこれ。かっとび師匠に教えてもらったニップンの「麺匠」麺の教科書はこれ配合は、(2人分)
中力粉(麺匠)250g、塩 8g(小さじ2)、水 115g

コネは、ホームベーカリーで足でもちょっと踏みます
踏みすぎると腰が切れるので、たたんで踏んでを数回でOK
薄いビニール袋でも口をあけておけば大丈夫

冷蔵庫で1時間ほど寝かせます(このままで3日くらい置いても大丈夫)
延すのとカットはパスタマシンを使います。

パスタマシン歴13年目の私
これまで、手動、アトラスの電動、こね工房、フィリップスヌードルメーカーなどを使ってみましたが、一瞬だけ日本に上陸していた、この一体型のアトラスが一番使いやすく、ほかは全部処分しました。

こんなに扱いやすいもの、なぜに日本では普及しなかったんでしょう。
という話は置いておいて
1ミリくらいの厚さにのして4ミリ幅でカット打ち粉は、コーンスターチ、片栗粉でも良いのですが、
コーンスターチのほうが、茹で汁にとろみがつきにくいです。
と、これもかっとび師匠に教わったこと。10分茹でて、冷水でしっかり洗って出来上がり。
おいしくておいしくて、食べ終わりたくないほどおいしいです。(^o^)このくらいの量なら、足で踏んで、手でのして、包丁きりでも大した手間でもないので、ぜひ!

パスタマシンに興味がある方、私のレポートが下記にありますので、よかったらご覧ください。

①マザンティパスタマシン
http://hamix-journal.com/style/09/joyfulyy.cgi?getno=14

②アトラスモーター
http://hamix-journal.com/style/09/joyfulyy.cgi?getno=23

③こね工房
http://hamix-journal.com/style/09/joyfulyy.cgi?getno=114

④フィリップスヌードルメーカー
http://hamix-journal.com/cgi/exdiary/joyfulyy.cgi?getno=335

⑤現行アトラスマシン
http://hamix-journal.com/style/15/joyfulyy.cgi?getno=19

■2022/05/10(火)晴+8.7→+24.8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)