■家の晩ご飯-2018年■

[HOME] [ワード検索] [ツリー表示] [管理用] [新着] [目次]

ワード検索を使うと、材料や料理名から献立の検索ができます。
画像をクリックすると大きい画像で見ることが出来ます。★マークがついている料理は、レシピにリンクしています。
01年 02年 03年 04年 05年 06年 07年 08年 09年 10年 11年 12年 13年 14年 15年 16年 17年

1.new 10/15-外食@玉藤 ■ new 10/13-白菜の重ね蒸し +2 ■ 10/12-サンマ ■ 10/11-ジンギスカン +6 ■ 10/10-あんかけ豆腐
2.10/8-鶏の味噌漬け ■ 10/7-サンマ ■ 10/6-ハンバーグ ■ 10/5-牛しゃぶサラダ ■ 10/4-外食と中食
3.10/3-ツボダイ干物 ■ 10/2-鶏南そば ■ 10/1-チキンバジル ■ 9/30-鶏めし ■ 9/28-青じそパスタ
 新着の期間  [全ページの表示]  [目次OFF]  [新着一覧
5/16-最終日・名古屋  2018/05/16(水) No.273


今日は最終日。
彦根城〜大須観音=大須商店街〜名古屋城〜セントレアから帰宅

朝はホテルで
中国人観光客が多いホテルでしたが、夜も朝も食事会場は、別の設定。
273_1.jpg  : 53 KB
和食中心のビュッフェで、パン派には選択肢が少なかった。
最後くらい和食にすればよかったかな。

ホテルを9時に出て彦根城へ
この日は、朝から夏のような日差しで、けっこう歩くと聞いたので、
またまた私は車内待機50分

彦根城見学終了して、次は大須観音へ、ここで各自自由昼食
273_2.jpg  : 110 KB
お堂をスタートに前にある数本の道の両サイドに、雑貨屋、古着屋、
B級グルメ的ご飯屋さんなどが連なっているアーケード商店街。
インバウンド向けなのかな。
地元民向けの生活用品商店ではないよう。

特に買いたいものもない私たち。
ここに放たれてちょっと途方にくれてしまいましたが(笑)、
とりあえずご飯を食べようと、エスニック系があるという右端の道をテクテク。

香港飲茶::中は暑そう。外のテーブルは、チャイナらしき男性グループが占拠
中東料理、インドカレー屋さん、ナポリピザコンテスト1位の人の店・・閉まってる
お、ベトナム料理があるわと入りました。

273_3.jpg  : 40 KB
フォーと迷いましたが、暑かったので、ベトナムハムのサンドイッチに
パンが軽くて中身もまずまず。
273_4.jpg  : 55 KB
おとさんは、豚の炙り焼きが乗ったご飯。
一口もらいましたが、ご飯にもちょっと味がついてておいしかった。
273_5.jpg  : 41 KB
セットのスープもおいしかったので、きっとフォーもおいしいと思う。

集合まで残り時間30分近く。お茶飲もうウロチョロしましたが、
なかなか入ってみたいところもなく(中途半端な街やなぁ〜)
集合場所近くで見つけたケーキ屋さんの喫茶へ。
ここで同行者3組発見。みんな同じような行動だったようです(笑)

大須商店街の次は名古屋城。
河村市長の発案で、今のコンクリート造りから、できた当時の図面通り、
木造に建て直しするそうで。

今回のツァー最後のお城だし、ここは天守閣までのレべータがあるので
入ってみようかと思いましたが、5月の連休を最後に守閣は閉鎖されていました。
良かった(笑)

河村市長が固執して、木造城にはエレベータはつけないそう。
ふーーん。です(笑)

元の通りの木造りを再現しても、再現は再現なのにね。
材料の木も、造り手も、昔のようなコストじゃ集まらないだろうし
全てを国内の木では難しいだろうし。

そもそも、内装は今でも木造なのだから、わざわざ、現存RCを費用かけて壊して、
イニシャルコストもメンテナンスコストも、RCよりかかる木造に戻す意味が
あるのか、と部外者の私は思いますが、
観光資源が少ない名古屋。お城を目玉にしたいのでしょうね。

でも、箱よりソフトが大事だと思うけどな。
エレバータはつけないのね。ふーーん、です。(←しつこく言う/笑)

そんな名古屋をあとにして、セントレアへ
19時10分の飛行機なのに、16時に到着、
チェックインまで1時間以上待つことになり。
それまでチケットが貰えないから、ラウンジにも入れず。
スタバで時間つぶし。

荷物を預けても、まだ残り1時間半もあり。
早めの晩ご飯食べようかと、ぐるぐる回ったけど、たいして食べたいものもなく。
結局きしめんにして、残り時間はラウンジで潰しました。

273_6.jpg  : 46 KB
私は卵きしめん
273_7.jpg  : 47 KB
おとさんは、あんかけ

今回は、久しぶりの(連泊は初)団体ツァー。
移動はたしかに楽だったし、自分たちだけだったら、行かなかっただろう所にも
行けて、同年代の人たちと程よい交流ができたし、
ツァーならではの時間の無駄もあったけど、
おかげで、広範囲を動いた割に、さほど疲れずに楽しめました。
でも、次回からは、城見学付き広範囲のツァーはやめとこう(笑)

カテゴリ:旅先






5/15-金沢〜長浜  2018/05/15(火)  No.272


金沢のホテル(マイステイズ金沢キャッスル)で朝ご飯。
272_1.jpg  : 49 KB
狭くて混雑してて、料理もパッとしなかったので、ちょこっとだけ。

9時出発で、ひがし茶屋街へ
272_2.jpg  : 92 KB
早すぎて、お店はどこも開いてない(笑)。でも人が少なくて、ブラブラには好都合
お土産お菓子は物産展に来ない「森八」でと算段してましたが、行ってみたら開店前、
開いていた小出でお決まり柴舟購入。
戻る途中、森八がちょうど開店する所。入ってみたら奥に喫茶があるのを発見
272_3.jpg  : 6629 KB
中庭があって、京都の「栖園」を思い出しました。
朝から気温が高く、日差しも強かったので、ほの暗く涼しい室内にホッとひと息
272_4.jpg  : 38 KB
冷たい抹茶と、生菓子のセットにしました。
さすが加賀藩御用達のお店、きれいでおいしいお菓子でした。
せっかくなので、ここでもちょっと買い、お菓子だらけでバスに戻リました。

丸岡城〜永平寺に向かう途中、
「九谷満月」というところで、釜飯の昼食ということになっていましたが
着いてみたら、九谷焼のお店。
ご飯の前に、2階の会議室みたいなところに通されて、九谷焼の講習会(?)。
どうやら、お店の紐付きご飯のようでした。
このツァーでは、この類はこれだけだったので、ま、いいっか、です。
272_5.jpg  : 65 KB
のど黒釜飯セット。
272_6.jpg  : 47 KB
のど黒と言っても、脂っけなく、あっさり。
3膳分くらいありましたが、残さずいただきました。

まっすぐバスへというわけにもいかず、ぞろぞろと下のお店へ。
数年前に亡くなった人間国宝の最後の作品、もうこれだけなので値ありますよ〜〜
の説明を片耳に、フムフムとさーっと見て、何も買わずに出てきました。

他の皆さんも同じくだったようで手ぶらでバスへ。
もう、物を増やしたくない、重たい物持ちたくない年代のツァーですからね。
お店の人、ごめんなさい、です。

このあと丸岡城見学でしたが、外は快晴の30℃
ここのお城も急階段と聞いて、軟弱な私は、またまたバス待機。
次の永平寺に備えました。

272_7.jpg  : 148 KB
永平寺のあたりも暑かったですが、緑陰の参道は風が通って涼しく。
入った途端、ゆるい傾斜続きで、どこまで行けるか自分の足?でしたが、
途中の売店で買った杖を頼りに、行けるとこまで行こうと、スタート。
272_8.jpg  : 145 KB
山の傾斜の沿って建っているので、建物の中も階段やスロープで上って行く形。
岩崎弥太郎の座禅の様子を見たかったですが(笑)それはおとさんに託して、
私は山門まででギブアップ、戻りました。

このあと、今日のお宿の琵琶湖畔の「ホテル&リゾーツ長浜」へ
部屋は琵琶湖に面してて、広く(たぶん50u以上)ベットはセミダブルのツインだし
屋外プールもあるし、ロケーションもいいし、建った当時はさぞ良いホテル
だったんだろうという感じですが、いかんせんちと古い。

この日の晩ご飯は、最後なので、個室で同じツァーの人だけの食事でした。
272_9.jpg  : 59 KB
272_10.jpg  : 50 KB

カテゴリ:旅先






5/14-高山・白川〜金沢  2018/05/14(月) No.267


昨夜の雨が上がって、晴天。よかった
朝食は、ホテルで、お決まりビュッフェです。
267_1.jpg  : 81 KB

9時出発で飛騨高山へ、町並み散策して、白川へ
高山・白川は、写真がたくさんあるので、後日日記にアップします。

おとさんは、歩きで展望台に行き、足温存の私は、
合掌造り民家が9棟かたまっている野外博物館を1人でぶらぶら
自由昼食だったので、おとさんと落ち合って「おそば」を
267_2.jpg  : 68 KB
おとさんは、ざるそば大盛り、私は冷やしたぬき。
お蕎麦は手打ちの田舎そばでおいしかったけど、天かす多すぎ。汁が塩辛すぎ。

午後から金沢に入り、兼六園へ
白川で歩き過ぎて疲れたので、私は兼六園見学はパス。
兼六園入り口近くの喫茶店で雑誌見ながら、チーズケーキでティーブレイク
267_3.jpg  : 42 KB

紅茶のお代りをしたら、メロンとオレンジのカットをサービスしてくれました。

この日は、金沢の駅近くのホテル泊まり。自由夕食
ホテルにあった「るるぶ」で、おとさんが見当つけた「高崎屋」という和食屋さんへ

直前の電話予約でしたが、こじんまりした、掘りごたつ式個室を用意してくれてました
267_4.jpg  : 43 KB
お通し。バイ貝とどじょうの串焼き
ちょっといいんじゃない?の予感
267_5.jpg  : 65 KB
ホタルイカ。時期的にか生はなく、ルイベ、沖漬け、酢味噌の3種盛り
これは、可もなく不可もなく、好き好き
267_6.jpg  : 42 KB
白エビ唐揚げ。身が大きい。量もたっぷり。

267_10.jpg  : 54 KB
のど黒の塩焼き
煮付けで食べたかったけど、なかったので、塩焼きで。
身がしまったキンキという感じ。

このへんで、ご飯が食べたくなった私。
どうせならと治部煮定食を頼む。
267_7.jpg  : 52 KB
定食についてきたお刺身。
のどぐろや甘エビ、なんとか貝もついてて、こっちが主役のようにたっぷり
267_8.jpg  : 43 KB
これが治部煮。出し香る薄味でおいしい
267_9.jpg  : 51 KB
ひじき煮と、お新香付き
お味噌汁は、お豆腐となめこ、三つ葉に甘エビの頭と、のど黒のあら入り
267_11.jpg  : 74 KB
おとさんは、シメにお寿司
岩牡蠣、コハダ、のど黒、穴子、甘エビ、ブリなど9貫
私は、お腹いっぱいだったけど、
軍艦巻き(カニ爪、いくら、子持ち昆布)をもらいました。

燗酒1合飲んで、これだけ食べて、12,500円。
お店も器も料理もきれい、量もたっぷりで美味しい。
従業員も感じよかったし。
おとさんのカン、大あたりでした。

カテゴリ:旅先


記事268-1  記事271-2 



新着期間を過ぎるとコメントが隠れます。コメントボタンをクリックすると全件表示されます。


5/13-出発〜下呂温泉  2018/05/13(日) No.266


今日から、中部〜北陸方面に3泊4日で出かけます。

9時40分の飛行機ですが、千歳近くの駐車場に車を置いていくので、7時前に出発。
空港のラウンジで、サンドイッチ(一切れの半分)とカフェオレで朝ご飯。
266_1.jpg  : 62 KB

11時半にセントレア着
中部地方は、あいにくの雨でしたが、ここからは、ツァーバスでスタートです。
ツァーコンダクター&バスガイド付きの団体旅行なので楽チン。
参加者は20数人、
ほとんど我々と同年代と思しき、リタイアメントの夫婦がほとんど。
今日は、犬山城〜郡上八幡〜下呂温泉泊まり

266_2.jpg  : 101 KB
乗ったらすぐに、お弁当が配られて、犬山城へ向かいながらお昼ごはん。

犬山城についたときは、けっこうな降りになり。
バスの駐車場から犬山城までちょっと歩くというし、中の階段は急だと聞いて、
軟弱な私はパスして1人バスで待機。

266_3.jpg  : 91 KB
郡上八幡の町は1時間の滞在。
ツァーのみなさんは、跳ね返るほどの降りの中、ガイドさんと
ちょっと離れた場所にある郡上八幡博覧館へ、郡上踊りを観に行きましたが、
おとさんと私は、バスの駐車場所の周りを、喫茶店をさがしつつ散策。
雨降りのせいか、人も歩いていなくて静かな町でした。
一軒だけ見つけた喫茶店で、一休み。
経営者のご夫妻が、盆踊りの時の賑わいなど話してくれて、
退屈せずに時間が過ごせました。

266_4.jpg  : 106 KB
266_5.jpg  : 45 KB
杉やひのきかな。北海道とは植生が違う針葉樹が多い低い山並みや
増水した川の流れを眺めつつ、下呂温泉へ

266_6.jpg  : 87 KB
今日のお宿は、「ホテルくさかべアルメリア」
中に入ったら、意外に洋風。
名前からしてスペインあたりのリゾートホテルのイメージで作ったのかなぁ。

ちょっとエロチックなポールダンスやオカマショーを常駐でやっている、
到着でごった返すエレベータ前で、案内仕切っていた女性は、
若くなくて上品丁寧な感じの良い人。
で、中国人の団体は取らないらしい、台湾とシンガポールはOK。
方向性が色々で面白いなぁと到着早々アッチャコッチャ観察眼(笑)

266_7.jpg  : 64 KB
傾斜地に、テラス付きで建っているので、エレベータは、斜めに上がるトラム式
空と景色が見えて、楽しい。

266_8.jpg  : 77 KB
部屋は、5階の和室。山並み望む広いテラス付き。
ちと古びているけど、タバコ臭くなくて助かった。

266_9.jpg  : 81 KB
縁無し畳で、家具もちょっとアジア風。

部屋の洗面所も広くてアメニティも充分
団体向きの安い温泉宿だと思って、期待してなかったけど、悪くない。
北海道の温泉場じゃこうはいかない(値段なり)

温泉は、2階と8階にあって、8階は山並み眺めながら入れる
大きな木の露天風呂が2つあり、お湯はもちろんヌルヌルのアルカリ泉
お掃除も行き届いていてよかった。

266_10.jpg  : 4371 KB
266_11.jpg  : 3898 KB
食事は、2階のレストランで、飲み放題付きのビュッフェ式
焼きながら食べられる朴葉みそや小鍋、中華やお寿司、
ズワイカニもあって種類多く迷うほどでしたが、玉が少ない玉石混交
レストランの従業員は、どの人も気働きして感じよかった。

食事から戻ったら、布団が敷かれていたけど、敷布団が一枚で、
硬くて寝られそうもないので、押し入れにあった予備を敷いて、
2枚重ねで寝ました(笑)あるなら敷いてよねです。ケチくさ(笑)

カテゴリ:旅先


記事269-1  記事270-2 



新着期間を過ぎるとコメントが隠れます。コメントボタンをクリックすると全件表示されます。



■ カテゴリ ■



■ 家の晩ご飯 ■



■ 新着記事 ■


投稿画像の表示サイズを変更できます
処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto -
- i-mode改 - - resize.pl -
- Tomo_20090110-tomo : Edit by tomokun - - 携帯対応 -