■家の晩ご飯-2018年■

[HOME] [ワード検索] [ツリー表示] [管理用] [新着] [目次]

ワード検索を使うと、材料や料理名から献立の検索ができます。
画像をクリックすると大きい画像で見ることが出来ます。★マークがついている料理は、レシピにリンクしています。
01年 02年 03年 04年 05年 06年 07年 08年 09年 10年 11年 12年 13年 14年 15年 16年 17年

1.new 9/20-鮭と揚げびたし ■ new 9/19-豚肉の味噌漬け +4 ■ new 9/18-すみれランチ ■ 9/17-敬老の日 +2 ■ 9/16-ナポリタン +5
2.9/15-小エビの唐揚げ ■ 9/14-大羽イワシ ■ 9/13-ポトフ ■ 9/12-チキンバジル ■ 9/11-ニセコへ
3.9/10-炊き込みご飯 ■ 9/9-チキンカレー ■ 9/8-外食と中食 ■ 9/7-お好み焼き ■ 9/6-地震の夜
 新着の期間  [全ページの表示]  [目次OFF]  [新着一覧
5/19-蒸し鶏  2018/05/19(土) 雨/曇り +7.5→+12.0 No.276


札幌、寒いです。道内では雪が降ったところもあったとか。
木曜日の名古屋は30℃もあったのにね。
日本列島、長いです。昨夜から24時間暖房に逆もどり
今日は、1年草の苗を買いに行く予定だったけど、雨だし寒いので中止。

276_1.jpg  : 103 KB
■蒸し鶏
鶏モモに塩と酒を揉み込んで、1時間位蒸したので、切ったら崩れるほど
タレは「ねぎ・生姜・豆板醤・ガーリックパウダー・ごま油・砂糖・酢」
付け合せは、ごま油と塩、コショー、ガーリックパウダー、シークワーサ酢
で和えたレタスときゅうりとミニトマト(昨日のサラダと同じ)

276_2.jpg  : 108 KB
もう一品は「白菜ときくらげの甘酢炒め
276_3.jpg  : 93 KB
キノコと卵の中華風スープ(エノキ・シメジ・ねぎ)

カテゴリ:中華風


記事277-1  記事279-2 



新着期間を過ぎるとコメントが隠れます。コメントボタンをクリックすると全件表示されます。


5/18-チヂミ  2018/05/18(金) 曇り/晴れ +11.4→+14.5 No.275


近所のスーパーで、韓国製のチヂミ粉を見つけたので買ってみました。
275_1.jpg  : 58 KB
粉の中身は、小麦粉+コーンスターチ+塩+ブドウ糖
シーズニングスパイス(ニンニクパウダー、牛肉パウダー、粉末玉ねぎ)
かん水・ビタミンB2、香料
275_2.jpg  : 63 KB
具は、ニラとネギ・炒めた豚肉。タレはネギ醤油に酢とごま油
275_3.jpg  : 51 KB
■スープ(大根・あさり・シメジ・ねぎ)
■サラダ(レタス・きゅうり・ミニトマト・韓国のり)

宗家のチヂミ粉は、500gで380円。
コストの割に、出来上がりはどうってことない、もっちりチヂミ
いつもの自分で適当に作るもののほうが、さっくりできておいしいと思った
(小麦粉+コーンスターチ+卵+塩)
添加物もナシだしね。

カテゴリ:韓国風






5/17-肉詰ピーマン  2018/05/17(木) 雨  No.274

昨夜、帰ってきて、今日から平常運行です。

274_1.jpg  : 97 KB
■肉詰めピーマン(中身はハンバーグ種)玉ねぎ・エリンギ・パプリカ炒め添え
■茄子とこんぶの炒め煮■ミニトマト■チビきゅうりの青唐味噌漬け
■味噌汁(豆腐・なめこ・九条ネギ)

カテゴリ:洋風






5/16-最終日・名古屋  2018/05/16(水) No.273


今日は最終日。
彦根城〜大須観音=大須商店街〜名古屋城〜セントレアから帰宅

朝はホテルで
中国人観光客が多いホテルでしたが、夜も朝も食事会場は、別の設定。
273_1.jpg  : 53 KB
和食中心のビュッフェで、パン派には選択肢が少なかった。
最後くらい和食にすればよかったかな。

ホテルを9時に出て彦根城へ
この日は、朝から夏のような日差しで、けっこう歩くと聞いたので、
またまた私は車内待機50分

彦根城見学終了して、次は大須観音へ、ここで各自自由昼食
273_2.jpg  : 110 KB
お堂をスタートに前にある数本の道の両サイドに、雑貨屋、古着屋、
B級グルメ的ご飯屋さんなどが連なっているアーケード商店街。
インバウンド向けなのかな。
地元民向けの生活用品商店ではないよう。

特に買いたいものもない私たち。
ここに放たれてちょっと途方にくれてしまいましたが(笑)、
とりあえずご飯を食べようと、エスニック系があるという右端の道をテクテク。

香港飲茶::中は暑そう。外のテーブルは、チャイナらしき男性グループが占拠
中東料理、インドカレー屋さん、ナポリピザコンテスト1位の人の店・・閉まってる
お、ベトナム料理があるわと入りました。

273_3.jpg  : 40 KB
フォーと迷いましたが、暑かったので、ベトナムハムのサンドイッチに
パンが軽くて中身もまずまず。
273_4.jpg  : 55 KB
おとさんは、豚の炙り焼きが乗ったご飯。
一口もらいましたが、ご飯にもちょっと味がついてておいしかった。
273_5.jpg  : 41 KB
セットのスープもおいしかったので、きっとフォーもおいしいと思う。

集合まで残り時間30分近く。お茶飲もうウロチョロしましたが、
なかなか入ってみたいところもなく(中途半端な街やなぁ〜)
集合場所近くで見つけたケーキ屋さんの喫茶へ。
ここで同行者3組発見。みんな同じような行動だったようです(笑)

大須商店街の次は名古屋城。
河村市長の発案で、今のコンクリート造りから、できた当時の図面通り、
木造に建て直しするそうで。

今回のツァー最後のお城だし、ここは天守閣までのレべータがあるので
入ってみようかと思いましたが、5月の連休を最後に守閣は閉鎖されていました。
良かった(笑)

河村市長が固執して、木造城にはエレベータはつけないそう。
ふーーん。です(笑)

元の通りの木造りを再現しても、再現は再現なのにね。
材料の木も、造り手も、昔のようなコストじゃ集まらないだろうし
全てを国内の木では難しいだろうし。

そもそも、内装は今でも木造なのだから、わざわざ、現存RCを費用かけて壊して、
イニシャルコストもメンテナンスコストも、RCよりかかる木造に戻す意味が
あるのか、と部外者の私は思いますが、
観光資源が少ない名古屋。お城を目玉にしたいのでしょうね。

でも、箱よりソフトが大事だと思うけどな。
エレバータはつけないのね。ふーーん、です。(←しつこく言う/笑)

そんな名古屋をあとにして、セントレアへ
19時10分の飛行機なのに、16時に到着、
チェックインまで1時間以上待つことになり。
それまでチケットが貰えないから、ラウンジにも入れず。
スタバで時間つぶし。

荷物を預けても、まだ残り1時間半もあり。
早めの晩ご飯食べようかと、ぐるぐる回ったけど、たいして食べたいものもなく。
結局きしめんにして、残り時間はラウンジで潰しました。

273_6.jpg  : 46 KB
私は卵きしめん
273_7.jpg  : 47 KB
おとさんは、あんかけ

今回は、久しぶりの(連泊は初)団体ツァー。
移動はたしかに楽だったし、自分たちだけだったら、行かなかっただろう所にも
行けて、同年代の人たちと程よい交流ができたし、
ツァーならではの時間の無駄もあったけど、
おかげで、広範囲を動いた割に、さほど疲れずに楽しめました。
でも、次回からは、城見学付き広範囲のツァーはやめとこう(笑)

カテゴリ:旅先






5/15-金沢〜長浜  2018/05/15(火)  No.272


金沢のホテル(マイステイズ金沢キャッスル)で朝ご飯。
272_1.jpg  : 49 KB
狭くて混雑してて、料理もパッとしなかったので、ちょこっとだけ。

9時出発で、ひがし茶屋街へ
272_2.jpg  : 92 KB
早すぎて、お店はどこも開いてない(笑)。でも人が少なくて、ブラブラには好都合
お土産お菓子は物産展に来ない「森八」でと算段してましたが、行ってみたら開店前、
開いていた小出でお決まり柴舟購入。
戻る途中、森八がちょうど開店する所。入ってみたら奥に喫茶があるのを発見
272_3.jpg  : 6629 KB
中庭があって、京都の「栖園」を思い出しました。
朝から気温が高く、日差しも強かったので、ほの暗く涼しい室内にホッとひと息
272_4.jpg  : 38 KB
冷たい抹茶と、生菓子のセットにしました。
さすが加賀藩御用達のお店、きれいでおいしいお菓子でした。
せっかくなので、ここでもちょっと買い、お菓子だらけでバスに戻リました。

丸岡城〜永平寺に向かう途中、
「九谷満月」というところで、釜飯の昼食ということになっていましたが
着いてみたら、九谷焼のお店。
ご飯の前に、2階の会議室みたいなところに通されて、九谷焼の講習会(?)。
どうやら、お店の紐付きご飯のようでした。
このツァーでは、この類はこれだけだったので、ま、いいっか、です。
272_5.jpg  : 65 KB
のど黒釜飯セット。
272_6.jpg  : 47 KB
のど黒と言っても、脂っけなく、あっさり。
3膳分くらいありましたが、残さずいただきました。

まっすぐバスへというわけにもいかず、ぞろぞろと下のお店へ。
数年前に亡くなった人間国宝の最後の作品、もうこれだけなので値ありますよ〜〜
の説明を片耳に、フムフムとさーっと見て、何も買わずに出てきました。

他の皆さんも同じくだったようで手ぶらでバスへ。
もう、物を増やしたくない、重たい物持ちたくない年代のツァーですからね。
お店の人、ごめんなさい、です。

このあと丸岡城見学でしたが、外は快晴の30℃
ここのお城も急階段と聞いて、軟弱な私は、またまたバス待機。
次の永平寺に備えました。

272_7.jpg  : 148 KB
永平寺のあたりも暑かったですが、緑陰の参道は風が通って涼しく。
入った途端、ゆるい傾斜続きで、どこまで行けるか自分の足?でしたが、
途中の売店で買った杖を頼りに、行けるとこまで行こうと、スタート。
272_8.jpg  : 145 KB
山の傾斜の沿って建っているので、建物の中も階段やスロープで上って行く形。
岩崎弥太郎の座禅の様子を見たかったですが(笑)それはおとさんに託して、
私は山門まででギブアップ、戻りました。

このあと、今日のお宿の琵琶湖畔の「ホテル&リゾーツ長浜」へ
部屋は琵琶湖に面してて、広く(たぶん50u以上)ベットはセミダブルのツインだし
屋外プールもあるし、ロケーションもいいし、建った当時はさぞ良いホテル
だったんだろうという感じですが、いかんせんちと古い。

この日の晩ご飯は、最後なので、個室で同じツァーの人だけの食事でした。
272_9.jpg  : 59 KB
272_10.jpg  : 50 KB

カテゴリ:旅先







■ カテゴリ ■



■ 家の晩ご飯 ■



■ 新着記事 ■


[直接移動] [先頭] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48]
投稿画像の表示サイズを変更できます
処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto -
- i-mode改 - - resize.pl -
- Tomo_20090110-tomo : Edit by tomokun - - 携帯対応 -